#SHIFT × Tech
ニュース
» 2019年12月10日 11時15分 公開

ロボットは人手不足を解消できるか 清掃+警備+案内をこなす「複合型サービスロボット」オムロンが開発

オムロン ソーシアルソリューションズが、清掃・警備・案内の3機能に対応した「複合型サービスロボット」を開発した。

[城戸芳充,ITmedia]

 オムロン ソーシアルソリューションズが清掃・警備・案内の3機能に対応した「複合型サービスロボット」を開発中だ。2020年5月の提供を予定しているという。

photo 複合型サービスロボット

 近年、労働力不足が懸念されるサービス業や流通業などで従来のサービスを提供し続けることが困難となっている。とりわけロボットでの代替が求められている分野として、清掃・警備・案内業務が挙げられるが、これらを補うために開発されたのが今回のサービスロボットだ。複合的機能を有するため、活用時間帯が制限されることなく高い稼働率を期待できる。

 同ロボットは自動充電機能を搭載しており、バッテリー容量が残り少なくなった場合は自動的に充電ステーションに戻って充電を行うため、昼夜を問わず連続稼働が可能。小売店などでの利用例としては、「人の少ない午前中に清掃」「夜間は店内の巡回警備」「日中の混雑時間帯には本体前面のディスプレイで顧客向けに情報を発信」などが想定されている。

 ロボットが巡回稼働する地図登録やルートの設定は、該当の施設内を人がロボットを押して回る“手押し”式を採用した。障害物を回避しながらの床面自動清掃(ごみの吸引に対応)、内蔵カメラでの巡回監視、前面の大型液晶パネルを用いたコンテンツ再生を利用できる。

 なお、今回開発したロボットは、鉄道業界向けロボットの開発を通じて培った技術を転用しており、これを皮切りにさまざまな生活サービスのオートメーション化を図っていくとしている。

photophoto 駅業務のオートメーション化に向けた実証実験第1弾の「自律走行式警備ロボット」(左)、同実証実験第3弾の「音声対話AI搭載 駅案内ロボット」(右)

 同製品は、2019年12月18日〜21日に東京ビッグサイトで開催される「2019国際ロボット展」に出展される予定だ(展示場所は“OSSブース”南ホール3,4 S4-18)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間