なぜあの商品は売れた? 行列研究所が謎に迫る
コラム
» 2019年12月12日 07時00分 公開

立役者は元プロ格闘技選手:1杯750円の“レトロ喫茶” 但馬屋珈琲店が売り上げV字回復できたわけ (1/4)

過去最多ペースで倒産が続く喫茶店。2019年1〜8月の期間で倒産した件数は42件にのぼる。そんな中、売り上げがV字回復したレトロ喫茶がある。新宿を拠点に構える但馬屋珈琲店だ。1杯750円と決して安くない価格をそろえる喫茶店は、どのように売り上げ回復を成し遂げたのか。戦略担当者である元プロ格闘技選手の倉田光敏氏に聞いた。

[鬼頭勇大,ITmedia]

 新宿西口付近に位置する「思い出横丁」。終戦直後の闇市をルーツに、今ではインバウンドの人気も集める東京屈指の“飲み屋街”に成長した。この横丁にある、ただ1つの喫茶店「但馬屋珈琲店 本店」は、1964年創業の老舗純喫茶、いわゆる「レトロ喫茶」だ。もともと婦人洋品店を運営していたが、駅前に百貨店ができたことでお客を奪われ、喫茶店にくら替えしたのだという。

思い出横丁唯一の「レトロ喫茶」

 系列店を含めて最大で7店舗を展開していた但馬屋珈琲店だが、数年前に2店舗を閉店するなど、売り上げが急降下した。但馬屋珈琲店だけでなく、喫茶店業界全体へは逆風が強く吹いている。東京商工リサーチ(東京都千代田区)の調査によると、2019年の喫茶店倒産件数は過去最多ペースだ。1〜8月の期間で42件が倒産している。

 「レトロ喫茶」というと、いい意味で時代に迎合せず、“我”を貫くイメージがある。チェーン店では「効率化」の下で切り捨てられるような一種「ムダ」ともいえる要素も多くなりがちだ。「安さ」を追求することが難しい業態であるといえる。そんな中でも但馬屋珈琲店は売り上げをV字回復。以降も着実に成長を続けているという。

 最近ではコーヒーを飲むだけであれば、コンビニで格安に手に入る。増税があり消費者の目も厳しくなる中、ブレンドコーヒーが1杯750円(税込)の但馬屋珈琲店は、どのようにしてV字回復を成し遂げたのだろうか。但馬屋珈琲店を運営するイナバ商事(東京都新宿区)へ15年に入社し、さまざまな戦略を手掛ける倉田光敏氏に話を聞いた。

但馬屋珈琲店の外観
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -