連載
» 2020年01月24日 07時00分 公開

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:小泉進次郎氏が叫ぶ「空気を変える」はズレている 男性育休が増えない真因 (1/5)

小泉進次郎環境相の「育休宣言」が話題になっているが、「空気を変える」と政治家が連呼することには違和感がある。確かに育休を取りづらい空気はあるが、それだけではない。男性が育児をするための「時間」を増やす政策が最も必要なのではないか。

[河合薫,ITmedia]

「なんか、オレ頑張ってます!って感じがイヤ」
「たった2週間でしょ? 空気なんか変わらないよ」
「国会議員に育休とかないでしょ」
「金持ちでシッターとか雇える人が取ってもなぁ……」
「いいじゃない。どんどん取って前例をつくるべき」
「そうだよ。イクメンが当たり前になってほしい。空気変えてほしい」

 などなど、賛否両論で盛り上がった小泉進次郎環境相の「育休宣言」。

 個人的には賛成でも反対でもない、というのが素直なところです。が、小泉氏のブログを読んだところ、「なるほどね」と納得する一方で、「えっ……そんなことも知らなかったんだ。政治家さんなのに……」とかなり困惑しました。

 そして、私が今まで考えていたことが確信に変わった。なるほど、これじゃあどんなに小泉氏が頑張ったところで、男性の育休が当たり前になるわけないな、と。

小泉進次郎環境相は育休を取りにくい“空気”を変えると言っているが……(写真:ロイター)

 小泉氏は「制度だけではなく空気も変えていかなければ、育休取得は広がっていかない」「想像以上に多くの方々から、『育休を取れない社会の空気を変えてほしい。そのためにも小泉大臣に育休を取ってほしい』と声をもらった」「環境省内からも『職員が育休を取りやすいように、イクボス宣言してほしい』と言われた」と、やたらと「空気」にこだわっていますが、イクメン、イクボス、おとう飯、プレミアムフライデーなど、政府が進めてきた“キャンペーン”と、今回の育休宣伝はなんら変わりはないのではないか。

 そうです。私は政治家さんが空気空気と連呼することへの違和感に食傷気味なのです。

 というわけで、今回は「空気と男性の家事・育児参加」について考えてみようと思います。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -