調査リポート
» 2020年03月11日 05時00分 公開

総じて男性スコアの方が高い結果に:女性版「働きがいのある会社ランキング」が発表 大企業よりも小規模企業にチャンスあり? (1/2)

GPTWジャパンが、「2020年版 日本における『働きがいのある会社』ランキング」の女性版を発表した。働きがいは、女性よりも男性の方がスコアが高い傾向に。働きがいがある会社とない会社、違いはどこにあるのだろうか?

[鬼頭勇大,ITmedia]

 Great Place to Work Institute Japan(GPTWジャパン)はこのほど、「2020年版 日本における『働きがいのある会社』ランキング」の女性版を発表した。同ランキングは、20年版で14回目の開催となる「日本における『働きがいのある会社』ランキング」に参加した企業のうち、女性が働きがいを持って仕事できる企業をランク付けしたもの。「働きがいのある会社ランキング」に参加した企業は自動的にエントリーされ、女性従業員のスコアや、女性のための施策などを中心にランク付けする。なお、女性に限ってのランキングは、今回で4回目の発表となる。ランクインした企業は、次の通り。

企業規模別、女性ランキングトップ5

 女性のスコアだけでなく、男性と比較した結果も発表。「働きがいのある会社ランキング」は企業規模ごとに分かれ、「大規模部門」「中規模部門」「小規模部門」の3つを発表するが、いずれの規模においても「男性」の方が働きがいを高く感じている結果だった。GPTWジャパンの岡元利奈子代表は、「女性の働きがいに関して、腰を据えて取り組んでいる企業は意外と少ない」とコメントした。

規模を問わず、男性の方が働きがいを感じているという結果に

 特に男性スコアが高かった項目は「私の仕事は、会社の中で『単なる職務』ではなく特別な意味を持っている」や「この会社では、誰にでも特別に認められる機会がある」など、仕事を通した自己実現に関するものが目立った。

男性のスコアが高かった項目

 一方、女性のスコアが高かった項目は58個の設問中、3つのみ。そのうち2つは「この会社ならではの福利厚生やメリットがある」「私は、この会社において必要なときに休暇がとれる」で、働きやすさに関するものだった。

女性の方がスコアが高かったのは3項目のみ
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間