メディア
日本を変える「テレワーク」
ニュース
» 2020年06月10日 14時20分 公開

上司の4割「テレワーク中の部下が仕事サボっている」と不安に――調査で判明パーソル総研がアンケート(2/2 ページ)

[ITmedia]
前のページへ 1|2       

「テレワーカーの孤独・不安感が高まる」職場の特徴とは

 パーソル総研が本調査を分析した結果、「上司と部下との信頼関係が高いほど、テレワーカーへの疑念・不満感を抑制する」という傾向も確認された。やはり、「直接目で見て」マネジメントができないテレワーク下では特に、部署内の信頼醸成が必要と言えそうだ。

 さらに調査では在宅勤務中の「孤独感」についても質問した。28.8%のテレワーカーが「孤立しているように思う」と回答した。

photo テレワーカーの感じる孤独感(パーソル総合研究所「テレワークに関する不安感や孤独感に関する調査」)

 パーソル総研は、こうしたテレワーク中の不安・孤独感がどういう場合に増すかについても分析。特に「職場におけるテレワーカーの比率が2〜3割」、いわばテレワークと出社者が混在している場合で不安感や孤独感が最大になる、という結果となった。

photo 職場のテレワーク比率とテレワーカーが感じる不安・孤独感の関係(パーソル総合研究所「テレワークに関する不安感や孤独感に関する調査」)

 同社の担当者は「現在、出社率が(緊急事態宣言時などと比べ)リバウンドしてきている会社もあり、こうした『まだらテレワーク』状態がテレワーカーにもたらすストレスに注意が必要」と分析している。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -