ニュース
» 2020年07月15日 08時00分 公開

虎ノ門ヒルズ駅開業&虎ノ門駅リニューアル 2駅直結の理由を解く結びつくことの意義(3/4 ページ)

[小林拓矢,ITmedia]

虎ノ門駅もリニューアル

 この虎ノ門エリアの再開発では、東京虎ノ門グローバルスクエアも対象となった。これに合わせる形で、銀座線虎ノ門駅の渋谷方面行きホームが約200平方メートル拡張され、また改札外には約600平方メートルの地下駅前広場が新設された。このホームは、7月1日から使用されることになる。

東京メトロによる、銀座線虎ノ門駅リニューアルのニュースリリース(リンク

 銀座線は、東京メトロのなかでもっとも古い路線である。一方で利用者は多く、そのため往来の頻度も高い。東京メトロは銀座線自体をリニューアルしようとしており、現在、多くの駅でホームの拡幅工事などが行われている。そのような状況だったため、東京メトロは虎ノ門駅前地区の再開発に参加し、この駅と街を一体で開発することで、魅力的な地下鉄空間をつくり出そうとしているのだ。

 また虎ノ門駅の場合は、改札内外ともに地下空間での移動も可能であり、それが東京虎ノ門グローバルスクエアとの直結にも良い影響を与えている。つまり、日比谷線虎ノ門ヒルズ駅の誕生と、これらリニューアルの時期が近かったことで、地域の発展にとっては相乗効果が高まったと言えるだろう。

虎ノ門駅のリニューアルは新施設と一体だ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -