メディア
調査リポート
» 2020年07月25日 08時19分 公開

コロナで変化:「会議は対面でなければいけない」44%

新型コロナの感染拡大を受けて、オンラインを使った飲み会などが増えているが、職場で対面でなければいけないと感じているものは何だろうか。ビジネスパーソンに聞いたところ……。

[ITmedia]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、オンラインを使った飲み会や授業などが増えているが、会社や職場で対面でなければいけないと感じているものは何だろうか。

 全国のビジネスパーソンに「会議」は対面が欠かせないかどうか聞いたところ、「そう思う(非常に+やや)」と答えたのは44.2%であることが、ソニー生命の調査で分かった。この結果について、ソニー生命は「オンラインでも問題なく会議を進めることができた経験から、必ずしも対面でなくてもよいと感じている人が多いのではないか」としている。

 このほかにも、対面でなければいけないと感じていることについて聞いたところ「懇親会・歓送迎会」は58.3%、「商談」は57.0%、「退職の申し出」は60.5%。退職を切り出すときには、対面で行ったほうがよいと考えている人が多い。また、「取引先への謝罪」については77.2%。「過ちをわびるようなシチュエーションについては、大半の人が対面でのコミュニケーションが大切だと考えていることが分かった」(同)

仕事で対面が欠かせないもの(出典:ソニー生命)

 職場の朝礼について、オンライン化を進めることに賛成か反対かどうかを聞いたところ、「賛成(どちらかといえばを含む)」と答えたのは76.0%。このほか、賛成と答えた割合をみると、「研修」は68.0%、「社内プレゼン」は76.4%、「経費精算」は79.4%。「朝礼や会議といった定例の集まり、経費精算といった定型的な仕事については、完全オンライン化を進めることに前向きな人が多いようだ」(同)

職場のオンライン化に賛成か反対か(出典:ソニー生命)

 インターネットを使った調査で、全国のビジネスパーソン509人が回答した。調査期間は6月17日から19日まで。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -