コラム
» 2020年09月28日 08時00分 公開

日本橋兜町にバー:新ジャンルのスイーツビール? スウェーデン発「オムニポロ」が日本進出 (1/5)

新型コロナ感染拡大を受けて、「仕事が終わって、ちょっと一杯」といった人も減ったはず。しかし、ビール党には気になるブランドが日本に上陸した。スウェーデン発の「オムニポロ」である。どんなビールを発売しているのかというと……。

[小林香織,ITmedia]

 「ビールの概念に変革を起こしたい」というブランド理念を掲げ、2010年にスウェーデン・ストックホルムで誕生したビールメーカーの「Omnipollo」(オムニポロ)。

 創業者は、ブルワーのHenok Fentie氏(ヘノク・フェンティ)とデザイナーのKarl Grandin氏(カール・グランディン)。ブランド理念のとおり、ピーナッツバタークッキーやマンゴーラッシーなど、これまでのビールの常識をくつがえすようなフレーバーも多い。

個性的な商品を開発している、スウェーデンのビールメーカー「オムニポロ」

 強烈な個性は、デザイナーのグランディン氏が手掛けるグラフィックアートにも現れている。統一された独特の世界観からは、アートに重点を置く彼らの強い意思が伝わる。

 20年8月、アジア初進出、日本初上陸として、日本橋兜町にビールスタンド「Omnipollos Tokyo(オムニポロス・トウキョウ)」をオープンした同社に、その狙いと展望を聞いた。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -