メディア
コラム
» 2020年07月29日 08時00分 公開

「持続可能な」働き方:なぜフィンランド人は夏に1カ月休んで、1日数杯のコーヒーを飲むのか (1/5)

多くのフィンランド人は夏に1カ月休み、1日に数回のコーヒー休憩をとるという。日本人からすると「そんなに休んでも大丈夫なのか」と思ってしまうが、現地の人たちはどのように働いているのか。話を聞いてみると……。

[小林香織,ITmedia]

 「世界幸福度ランキング」では2018年から3年連続1位、「ワークライフバランスに優れた都市」でも100%のスコアで世界1位に選出(米セキュリティ企業Kisiが実施した「ワークライフバランスに優れた都市」ランキング2019」より)、世界最年少34歳の女性首相と、未来志向・サスティナブルな暮らしをリードする先進国フィンランド。

 ITの普及やイノベーション創出にも注力していることから、「欧州のシリコンバレー」とも言われ、世界最大級のスタートアップイベント「Slush」もヘルシンキが発祥だ。

ヘルシンキ中心地のカフェ

 そんなフィンランドは、休暇が長いことでも知られる。夏休みは約4週間と、フランスと並んで世界最長の休暇取得が推奨されている。加えて、1日に数回のコーヒー休憩を取る習慣があり、これは労働契約書に盛り込まれることもあるほど重要事項だという。

 なぜフィンランド人は、こんなにも休むのか? 現地で日本向けにコーヒーのサブスクリプションサービスを展開するスタートアップ「SLURP」のCEO Manuel Linnankoski氏(以下:マヌエル氏)に、現地の休暇文化について聞いた。

オフィスでコーヒー休憩を取るSLURPのメンバー
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -