フィンテックで変わる財務
ニュース
» 2020年10月08日 11時47分 公開

JCBとNTTコム、バーチャルプリペイドカードの実証実験 外貨にも対応

JCBとNTTコミュニケーションズは10月8日、スマホアプリで利用できるバーチャルプリペイドカードの実証実験を始めると発表した。名称は「JCB Mobile Wallet」。JCBブランドのバーチャルプリペイドカードで、キャッシュレス決済や送金などを行える。

[斎藤健二,ITmedia]

 JCBとNTTコミュニケーションズは10月8日、スマホアプリで利用できるバーチャルプリペイドカードの実証実験を始めると発表した。名称は「JCB Mobile Wallet」。JCBブランドのバーチャルプリペイドカードで、キャッシュレス決済や送金などを行える。

「JCB Mobile Wallet」のイメージ画面

 留学生、ビジネスパーソン、在留外国人に向けて、3つの特徴を持つ。1つは「Multi Currency」で、22の通貨にいつでも両替可能な機能。リアルタイムの両替レートのほか、14日以内であれば同じレートで自国通貨に戻せる「期間保証レート」の機能を持つ。

 2つ目は、家族や法人で複数のアカウントを利用できる「Multi Account」機能。留学中の子どものアカウントに家族がチャージしたり、海外出張者のアカウントの残高を管理できたりする。3つ目は「Multi Service」で、レストラン予約やタクシー配車などをシームレスに行える。

 今後、NFC方式のタッチ決済やQRコード決済などに幅広く対応していく。実証実験の結果を元に、2021年中に、日本およびアジア圏での商用化を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -