金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2020年10月22日 10時07分 公開

マネックス証券、手数料値下げ 1日100万円以下まで550円

マネックス証券は10月22日、国内株式の売買手数料の値下げを発表した。11月2日から、1日の取引額100万円以下なら手数料550円(税込)で取引できるようにする。対応する手数料コースは「一日定額」。これまでは、300万円まで2750円だった。

[斎藤健二,ITmedia]

 マネックス証券は10月22日、国内株式の売買手数料の値下げを発表した。11月2日から、1日の取引額100万円以下なら手数料550円(税込)で取引できるようにする。対応する手数料コースは「一日定額」。これまでは、300万円まで2750円だった。

SBI証券、楽天証券、岡三オンライン証券は100万円まで無料としたが、マネックスは値下げで対応した(マネックス。画像の手数料は税抜)

 併せて、信用取引の手数料も値下げする。従来よりも注文1回あたり5〜10円引き下げる。

信用取引手数料も小幅な値下げにとどまった

 証券業界では売買手数料の低下が進んでおり、SBI証券と楽天証券、岡三オンライン証券は1日100万円までの手数料を無料としている(楽天証券は12月、岡三オンライン証券は11月24日から)。一方で、証券会社によっては収益の多くを売買手数料に依存しており、過度な値下げは難しい。口座数や売買高で他を引き離すSBI証券と楽天証券の値下げ競争に、追随できる証券会社は限られると見られる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -