ニュース
» 2020年11月10日 11時20分 公開

ツクルバ:45%縮小したオフィス、「会話」や「チームワーク」に特化したリニューアルとは

不動産仲介サイトを運営するツクルバ(東京都目黒区)は11月9日、オフィスの床面積を45%縮小し、コミュニケーションが生まれやすいレイアウトに変更したと発表した。新型コロナウイルス対策として在宅勤務を推奨している中、何気ない会話からアイデアが生まれたり、チームワークを築いたりする機会を補う場所としてオフィスを活用する狙いだ。

[ITmedia]

 不動産仲介サイトを運営するツクルバ(東京都目黒区)は11月9日、オフィスの床面積を45%縮小し、コミュニケーションが生まれやすいレイアウトに変更したと発表した。新型コロナウイルス対策として在宅勤務を推奨している中、何気ない会話からアイデアが生まれたり、チームワークを築いたりする機会を補う場所としてオフィスを活用する狙いだ。

 執務スペースは一部を除きフリーアドレスで、中央には「お祭り」をテーマにした長机を設置。音響設備を備え、音楽を聴きながら作業や談笑ができる他、業務時間後は懇親にも活用できる。

photo ツクルバの新オフィス。長机は櫓(やぐら)をイメージしている

 フロア内は壁が少なく、開放感のあるデザインの場所が多い一方で、Web会議や個人で集中して仕事に取り組む際に利用できる1人用の会議ブースも設置した。

 ツクルバは同日、新しい勤務制度である「時間や場所にとらわれず、それぞれが仕事に合わせて働く場を選択する働き方」を始めたと発表した。従業員は働く場所を日ごとに自由に選択できる。だたし新型コロナウイルスの感染対策のため出社率は50%以下にとどめることを目標としており、部門やチーム内で自主的に出社率を調整している。10月の出社率は約30%程度だった。

photo オフィスの全体像(模型)
photo フリーアドレスの執務スペース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -