ニュース
» 2021年03月04日 14時50分 公開

コロナ禍で企業の新卒採用数に変化は? リーマンショック時との違いも人事担当者に調査(1/2 ページ)

新型コロナウイルス感染拡大などが影響し、希望退職の募集や人員整理を行う企業が相次ぐ中、22年卒の新卒採用はどう取り組むのだろうか。

[ITmedia]

 新型コロナウイルス感染拡大などが影響し、希望退職の募集や人員整理を行う企業が相次いでいる。そんな中、各企業は22年卒の新卒採用についてどのように取り組むのだろうか。就職情報サイトなどを運営する学情は3月4日、「2022年卒採用の計画」に関するアンケート結果を発表した。

採用数に変化は?

 22年卒の採用数について尋ねたところ、「前年並」が57.8%で最多となった。「増やす」という回答は11.8%で、新型コロナウイルス感染拡大前の20年1月に調査を実施した21年卒よりも、6.0ポイント減少した。「減らす」は11.2%で「増やす」をわずかに下回った。

22年卒採用数の増減(出典:学情「2022年卒採用の計画」に関する調査)

 採用数を「増やす」企業が「減らす」企業よりわずかに上回っていることや、「前年並」の回答が約6割を占めていることから、同社は「企業の新卒採用ニーズは底堅いと考えられる」と分析する。

 上場企業では「増やす」の回答が14.2%で、非上場の「増やす」(11.4%)を2.8ポイント上回った。

上場企業が非上場企業より採用を「増やす予定」多い(出典:学情「2022年卒採用の計画」に関する調査)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.