3分Biz.
ニュース
» 2021年03月05日 14時58分 公開

ドル円、108円突破 9カ月ぶり円安水準に

3月5日、ドル円為替は一時108円を突破し、2020年6月以来、約9カ月ぶりの円安水準となった。

[斎藤健二,ITmedia]

 3月5日、ドル円為替は一時108円を突破し、2020年6月以来、約9カ月ぶりの円安水準となった。

コロナショック後、円高に向かっていたドル円だが、1月から反転し円安へ(グーグル)

 ドル円はコロナショックが襲った20年3月に110円を超えるまで急上昇。その後、ゆっくりと下落を続け1月には102円台まで円高が進んでいた。

 「かなり早いペースでドル高、円安の動きが強まっている。背景には米国長期金利の上昇がある。低金利環境を続けると当局が言う一方で、バイデン大統領も大型の景気刺激策を取っており、市場は景気回復を見込んでいる。そのため、実質金利のマイナス幅が縮小し、ドル安相場の修正につながった」(三井住友DSアセットマネジメントの市川雅浩チーフマーケットストラテジスト)

 市場では、米国長期金利の上昇が続いており、米10年債の利回りは1.5%を超えて推移している。

 →その後、円安はさらに進展し109円台に

日米実質金利の推移。米10年債利回りから期待インフレ率を差し引いて算出したもの。米国実質金利の上昇(マイナス幅縮小)でドルが買われた(三井住友DSアセットマネジメント)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -