3分Biz.
ニュース
» 2021年03月09日 17時30分 公開

月額7800円で駅そば・パン食べ放題 小田急電鉄が新サブスクを発表  生花も月5回まで

小田急電鉄が飲食・生花のサブスクリプションサービス「EMotパスポート」を発売。40店舗以上で利用可能。

[神奈川はな,ITmedia]

 小田急電鉄は3月8日、MaaSアプリ「EMot」を利用した飲食・物販のサブスクリプションチケット「EMot パスポート」を発売した。

小田急 EMotパスポート 出典:リリース

 同パスポートは税込7800円(初回)で30日間利用可能な定額制チケット。事前購入したチケットをスマートフォンの画面で提示することで、1回500円程度のサービスを提供する(継続2回目は7500円、継続3回目以降は7200円/1回券500円、10回券3500円も有)。

 対象となるのは小田急線のターミナル駅などに入る、そば、おむすび、ベーカリー、カフェ飲食、フラワーショップの合計44店舗。飲食サービスは期間中3時間間隔で何度でも利用可能で、生花のチケットは期間中5回まで提供する。

  • 箱根そば本陣・箱根そば(そば)16店舗
  • おだむすび(おむすび)2店舗
  • HOKUO(ベーカリー)12店舗
  • FORESTY COFFEE(カフェ)1店舗
  • HIBIYA KADAN、Hibiya-Kadan Style、ルコネル(フラワーショップ)13店舗
小田急 EMotパスポート 概要(出典:リリース)

 同社は2019年10月から1年間、新宿・新百合ヶ丘駅で、そば、おむすび、ベーカリーの「飲食サブスク」の実証実験を行ってきた。今回のパスポートは店舗やメニューを拡充し、花のサブスクリプションサービスを加えての提供となった。

小田急 EMotパスポート メニュー詳細(出典:公式サイト)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -