3分Biz.
ニュース
» 2021年03月26日 19時21分 公開

ホテル滞在型リモートワークに特化 平日4泊5日の予約サイト「Otell」発表

ガイアックスは、平日4泊5日のホテルワークを提供するサービス「Otell(オーテル)」をリリース。テレワーク環境が整った宿泊施設を、平日4泊5日で1万9800円(税別)から提供する。詳細は?

[ITmedia]

 Webサービスなどを手掛けるガイアックス(東京都千代田区)は、平日4泊5日のホテルワークを提供するサービス「Otell(オーテル)」をリリースした。テレワーク環境が整った宿泊施設を、平日4泊5日で1万9800円(以下、税別)から提供する。

 Otellとは4泊5日のホテルワークで、在宅勤務者のストレスと宿泊施設の売り上げ不振を解決するサービスだ。政府によるテレワークの推進や新型コロナウイルスによる就業形態の変化を受け、在宅勤務者が増加している。また一方で、在宅勤務によるメンタルヘルスの問題も増加した。

ガイアックスは、平日4泊5日のホテルワークを提供するサービス「Otell(オーテル)」をリリース(以下リリースより)

 そこで泊まる宿も働く時間も休み方も選べ、自分が最適に働ける場所として首都圏近郊の宿泊施設を用意した。テレワーク環境が整った個室のみ5都県12施設を掲載している。

 Otellは3つの特徴がある。1つ目はプライバシーが確保、保護された個室を用意していること。Wi-Fi・電源・机・椅子・モニター・デスクライト・テーブルタップを必ず設置している。また個室の他にコワーキングスペースも使える施設など、各ホテルに特徴的な設備もある。

Wi-Fi・電源・机・椅子・モニター・デスクライト・テーブルタップを必ず設置している

 2つ目は、ホテルの稼働率が低くなる平日のプランを用意したこと。通常料金より低価格となる1万9800円、2万4800円、2万9800円の3パターンを提供する。

 3つ目は、「遠くても都内に1、2時間で移動できる場所でホテルワークがしたい」というニーズに応え、都内から2時間以内で移動できる施設だけを掲載したことだ。テーブルタップを必ず設置している。また個室の他にコワーキングスペースも使える施設など、各ホテルに特徴的な設備もある。

 宿泊施設側は1部屋から登録可能。また、4泊5日の連泊パックにすることで、タオル交換や清掃などの人件費を削減できるメリットがある。

 Otellの初期費用、掲載料は無料にした。テレワークやワーケーションを実践してきたガイアックスが客室の設備や環境についてアドバイスをし、提供価値を高め送客もする。

宿泊できる施設一例(価格は4泊5日分)

 同社は今後の展望として、より集中と休息に特化したOtellコンセプトルームを5月から提供する。また大阪・名古屋・札幌・福岡にもサービスを拡大し、2021年末までに会員数10万人と流通総額3億円を目標とする。同社は新型コロナウイルスの影響で発生した在宅勤務者のストレスと、宿泊業の売り上げ不振の解決を目指す。

箱根湯本ホテルの外観

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -