ITmedia DX
ニュース
» 2021年05月07日 07時00分 公開

「事例はない」にワクワクしよう! 日清食品を卒業した“武闘派CIO”と語る、IT職の面白さ長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 武闘派CIOの仕事論【後編】(1/4 ページ)

元メルカリCIO長谷川秀樹氏が、IT改革者と語る「IT酒場放浪記」。今回のゲストは、3月末に日清食品を退職し、独立した喜多羅滋夫氏と、CIO Lounge 友岡賢二氏。人生100年時代、喜多羅氏は日清食品を辞めて何をしようとしているのか。次のチャレンジや、職業としてのCIOの魅力を聞いた。

[酒井真弓,ITmedia]

連載:長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」

東急ハンズCIO・メルカリCIOなどを務め、現在は独立してプロフェッショナルCDO(最高デジタル責任者)の道を進む長谷川秀樹氏が、個性豊かな“改革者”をゲストに酒を酌み交わしながら語り合う対談企画。執筆はITライター・ノンフィクション作家の酒井真弓。


 プロフェッショナルCDO(最高デジタル責任者)の長谷川秀樹氏が改革者と語り合う本対談。前編に続き、ゲストは3月末に8年間CIOを務めた日清食品を退職し、独立した喜多羅滋夫氏と、CIO Lounge友岡賢二氏。「武闘派CIO」を名乗り、企業のIT部門を率いてきた3人だ。

 人生100年時代、喜多羅氏は日清食品を辞めて何をしようとしているのか。次のチャレンジや、職業としてのCIOの魅力を聞いた。

左から喜多羅滋夫氏、筆者、友岡賢二氏、長谷川秀樹氏

動画で見る「IT酒場放浪記」

記事にできなかったあれこれ、取材の裏側をYouTubeでご覧いただけます。


見たことがないものはイメージできない!

長谷川: 8年間を振り返って、日清食品でできたこと、やりたかったけど難しかったこと、総括をするといかがですか?

喜多羅: 以前の日清食品は、ITはコスト以外の何物でもなかったんですね。PCは安ければ安いほどいい、壊れるまで使い続けるという価値感だったのですが、「それは違います」と。

 重要なのは、高いか安いかではなく、使う人の生産性をどう上げていくかです。だから、全社的に持ち歩きやすいPCに買い替え、Microsoft 365で統一し、トータルコストを下げていきましょう、という方針で進めました。組織全体にそういう価値観を根付かせることができたのは、一つ成果だと思っています。

長谷川: 難しかったことは?

3月末に日清食品を退職し、独立した喜多羅滋夫氏

喜多羅: 見たことがないものを理解してもらうことですね。例えば、ERPに関しては、「ERPってボタン押したら全部できるんでしょ」と誤解していた人もいました。

 また、当時は、カスタマーマスターデータだけで社内に6、7点在していて、このマスターに触ったらどこに影響が出るのか、実際に問題が起きるまで分からないような状態でした。でも、社内ではこれが普通。他の状態を見たことがない。全く困っていなかったので、「なぜ統合しないといけないの?」「変えたら他に影響が出るんじゃないの?」と。

 つまり、見たことがないものはイメージできない。いくら便利になる、効率化されると説明したところで、理屈だけでは伝わらないんですよね。だからこそ、早く導入後の世界を見せて、使ってもらい、メリットを実感してもらう。そこからが本当のスタートだと学びました。

DXの定義と、人間の価値

長谷川: 今の世の中、猫も杓子も「DX」というけど、DXは立場によっていろいろな定義があると思います。例えば、コンサルの人はイノベーションがDX。SIの人はシステムを新しくするのがDXとかね。皆さんのDXの定義は?

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -