ニュース
» 2021年05月10日 18時00分 公開

オンライン名刺のSansanが、紙の名刺作成サービス開始 なぜ?

クラウド名刺管理サービスを提供する「Sansan」は、5月末から紙の名刺を作成できる「Sansan 名刺メーカー」の提供を開始する。これは、Sansan上で名刺の作成と発注が行えるものだ。

[斎藤健二,ITmedia]

 クラウド名刺管理サービスを提供する「Sansan」は、5月末から紙の名刺を作成できる「Sansan 名刺メーカー」の提供を開始する。これは、Sansan上で名刺の作成と発注が行えるものだ。

 Sansanは紙の名刺を取り込んでクラウド上で管理できるサービスとして始まり、昨今は「オンライン名刺」機能を提供し、オンラインで名刺交換ができる環境を整えてきている。ではなぜ、ここにきて紙の名刺の作成に踏み出すのか。

従業員の名刺情報もSansan上に集約することで総務の手間を削減。紙の名刺と併せてオンライン名刺も生成する

 オンラインのミーティングが普及してきたといっても、まだまだ対面でのやりとりは残っており紙の名刺はなくならない。そこで、「Sansan 名刺メーカー」を提供することで、紙の名刺を大量に発注するのではなく、必要な時に必要な分だけ発注することを可能にしたいとしている。

 発注した名刺は個人宅への配送も可能となっており、リモートワーク環境に対応している。名刺の発注数量は現状は100枚からとなっているが、100枚以下の小ロットにも今後対応する予定だ。

 「コロナ禍で紙の名刺交換をする機会が少なくなった結果、名刺交換をしないうちに部署や役職が変わってしまったという、無駄なコストを削減できる」(Sansan)

 同社の調べでは、名刺の発注には1回あたり45分の時間がかかっており、Sansan 名刺メーカーを利用することで、その時間を削減できる。また、名刺発注の管理部門である総務部門のリモートワーク実現にも貢献するという。

名刺の発注と承認もSansan上で完結する

 「Sansan 名刺メーカー」はSansanのユーザーIDあたり年間1500円の追加料金で利用できる。IDあたり年間100枚までの名刺料金と送料が含まれる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -