コラム
» 2021年05月30日 08時03分 公開

「ガーガー」音はどうすればいいのか 頭を突っ込む「防音グッズ」が面白い週末に「へえ」な話(1/4 ページ)

いびきの「ガーガー」音に悩まされている人も多いのでは。そんな悩みを抱えている人向けに、防止グッズがたくさんある。ちょっと調べたところ、防止ではなく、防音グッズも。どんな商品があるのかというと……。

[土肥義則,ITmedia]

 「すやすや」ではなく、「グーグー」でもなく、「ガーガー」の音に悩まされている人も多いのではないだろうか。「いびき」である。

 セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ社が行った調査によると、43.5%の人が「自分はいびきをかいている」と自覚していることが明らかに。また、いびきで悩んでいる人のうち、43.9%の人が「10年以上も、いびきの悩みを抱えている」ことが分かった(20歳以上の男女5770人が回答)。

 まあまあの数の人が自覚していて、まあまあの人が悩みを抱えているようだが、なぜ人間の口から「ガーガー」音が聞こえてくるのだろうか。ZZZ……と寝ているとき、人間の筋肉はゆるみ、重力の関係で舌が喉の奥に下がっていき、気道が狭くなるそうで。狭い気道を空気が通るときに、周辺の粘膜を振動させるので、「グーグー」とか「ガーガー」の音が生まれるというのだ。

気道が狭くなって「ガーガー」の音

 では、いびきを改善するには、どうすればいいのだろうか。肥満を解消する、生活習慣を改善する、横向き/うつぶせで寝るといった方法などがあるが、ちょっと調べたところ「防止グッズ」がたくさんある。気道を確保するためにマウスピースがあったり、鼻の通りをよくするためのテープがあったり、鼻呼吸を促すためのマスクがあったり。このほかにもアプリがあるなど、とてもとてもすべて紹介できないほどのグッズがあるのだ。

 そんな中で、筆者が気になったのは「防止」ではなく「防音」である。RUDDER(さいたま市)という会社が製造・販売している「Sleep Labo(スリープ・ラボ)」(価格は4万9280円)の画像を見て、びっくりしたのである。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -