連載
» 2021年06月01日 05時00分 公開

救世主は「ハンバーガー」!? 松屋、鳥貴族、ロイホが続々と参入するワケ長浜淳之介のトレンドアンテナ(1/6 ページ)

外食大手が続々と「ハンバーガー」に参入している。コロナ禍で生き抜くために各社知恵を絞る。その背景とは?

[長浜淳之介,ITmedia]

 コロナ禍において、大手・中堅の外食が続々とハンバーガーに進出している。

 2020年11月、「焼肉ライク」がヒット中のダイニングイノベーションが、東京・中目黒に「ブルースターバーガー」を出店。また、「ロイヤルホスト」「天丼 てんや」のロイヤルホールディングス(HD)は、5月29日にチキンバーガーが主力の「ラッキーロッキーチキン」を、東京・武蔵小山にオープンした。鳥貴族も、8月にチキンバーガー専門店「トリキバーガー」の出店を予定している。松屋フーズも、デリバリー専門でライスバーガー「米(my)バーガー/こめ松」を4月にオープンした。

ブルースターバーガーで人気の「2×2ブルースターチーズバーガー」(出所:リリース)

 その背景として、ハンバーガーは外食の中でもテークアウト比率が6〜7割と高いことが挙げられる。また、業界1位「マクドナルド」、2位「モスバーガー」の既存店売上高が、緊急事態やまん防(まん延防止等重点措置)の時に、跳ね上がる傾向がある。そして、デリバリーの人気も高い。両チェーンとも、1〜4月の全ての月で、既存店売上高が前年を上回る好調ぶりだ。

 また、フライドチキンのテークアウトとデリバリーの需要もハンバーガーと同等以上に高く、「ケンタッキーフライドチキン」の21年3月期における既存店売上高は前年比で113.6%と2桁増だった。ハンバーガーとフライドチキンが、コロナ禍でも好調に推移しているため、チキンバーガーへの期待が高まっている。

 3回目の緊急事態宣言が発出され、適用地域も拡大している。飲食店の規制強化により、午後8時までの営業時間短縮に加えて、酒類の提供が禁止されている。

 店内で飲食を楽しむ機会が縮小し、フルサービスのレストランは、焼き肉のような換気の良いイメージがある業態を除き、厳しい。特にお酒がメインとなる、居酒屋やバーのような業態は、休業するか業態変更するしか、打つ手がない状況だ。

 感染拡大の場と疑われて目の敵にされ、瀬戸際まで追い込まれた外食企業が、ラストリゾートとして、ハンバーガーにこぞって参入している感もなきにしもあらずだ。

 外食各社のハンバーガー市場への新規参入の動きをまとめた。

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -