連載
» 2021年07月20日 05時00分 公開

ステーキ、丼、パスタにも“浸食” コロナ禍で「二郎インスパイア系」が勢いを増しているワケ長浜淳之介のトレンドアンテナ(4/6 ページ)

[長浜淳之介,ITmedia]

コンビニのチルドコーナーに二郎インスパイア系

 ラーメン二郎インスパイア系で注目されるもう1つのトピックスは、コンビニのチルドのコーナーにおいて電子レンジで温めて食べる「レンジ麺」が販売されるようになったことだ。大手3社、いずれも人気店とコラボした提案を行っている。

とみ田監修 三代目豚ラーメン(出所:セブン&アイ・ホールディングス公式Webサイト)

 これらは「ジェネリック二郎」とも言われ、初期は「麺がうどんっぽい」などといったユーザーからの不満も出ていた。しかし、現状は二郎的な「ワシワシ感」が出てきており、レベルアップが著しく、お店の味にかなり近づくほどに改善されている。

 最新の動きとしては、セブン-イレブンが「中華蕎麦とみ田監修 三代目豚ラーメン」(594円)、ローソンは「東京・新小岩の名店 麺屋一燈監修 濃厚豚醤油ラーメン」(598円)、ファミリーマートは「東京 千里眼監修 濃厚マシマシラーメン(ニンニク醤油)」(598円)をそれぞれ販売している。

麺屋一燈監修 豚醤油ラーメン(出所:リリース)
千里眼監修 濃厚マシマシラーメン(出所:ファミリーマート公式Webサイト)

 夏になって冷やしメニューに順次切り替わっており、セブンは「とみ田監修 冷し豚中華 芝麻醤仕立て」(550円)、ローソンは「麺屋一燈監修 ガリマヨ(ガーリック&マヨネーズ) 入り! 冷し胡麻だれ野菜マシ太麺」と「冷し豚醤油ラーメン」(いずれも598円)、ファミマが「千里眼監修 マシマシにんにく冷し中華」(598円)をそれぞれ販売している。

 主要3社が譲らない、コンビニ商戦の最前線に位置する商品となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -