メディア
ニュース
» 2021年08月12日 09時22分 公開

企業が「SDGs」に取り組むと、志望度の上がる学生が約7割 新卒向け調査学情が調査(1/2 ページ)

学情は23年3月卒業予定の大学生・大学院生を対象に、SDGsに関する調査を行った。SDGsの認知率、就職活動で企業の取り組みを意識するのか聞いた。

[コネムラメグミ,ITmedia]

 就職情報サイトを運営する学情(東京都千代田区)は、2023年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に、「SDGs(Sustainable Development Goals)」に関する調査を実施した。その中で、SDGsの認知率は95.9%だと分かった。

23年3月卒大学生に「SDGs(Sustainable Development Goals)」を調査(画像はイメージ)
23年卒大学生の「SDGs」の認知率は95.9%(出所:リリース、以下同)

 20代社会人にSDGsを知っているか聞いたところ、「言葉も意味も知っている」は48.5%、「言葉は知っている」は27.0%で、認知率は合わせて75.5%だった。23年卒学生の認知率は、20代社会人と比べ20.4ポイントも高かった。

20代社会人の「SDGs」は23年卒大学生より低い
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -