金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年08月21日 07時00分 公開

AIが株の売り買いを提案 ここまで来た個人向けアルパカのAI投資(1/3 ページ)

これまで機関投資家向けが中心だった、AIによる株式銘柄推奨。金融系AI技術を開発するアルパカは、IFAのFanと組んで、個人投資家向けに国内株式の銘柄推奨、売買タイミングの推奨を行うサービス、アルパカロボの提供を始めた。

[斎藤健二,ITmedia]

 人に代わってAIが投資判断をする時代の到来は、少し前からまことしやかにいわれていた。ぼう大なデータから機械学習によって銘柄を分析し、それが買いなのか売りなのかを判断するというものだ。

 しかしこれまでは機関投資家向けが中心で、個人の投資判断へのAI活用は、市況全体の先行きを占うものがほとんどだった。そんな中、8月1日にアルパカ証券が提供を開始したアルパカロボは、機械学習を使って日本株の値動きを予測する。うち、大きな値上がりや値下がりが想定される銘柄を、「シグナル」という形でユーザーに伝えるものだ。

アルパカロボ

 ユーザーはこれを見て、実際にその株を買うかどうか、売るかどうかを判断する。「機関投資家と取り組んで育ってきたアルパカなので、そこから生まれた知見を一般投資家に届けたい」。アルパカの四元盛文社長はそう話す。

 アルパカは2016年設立。AIとビッグデータを活用した金融商品の開発を強みとし、金融関連の予測技術を機関投資家や証券会社などに提供してきた。短期の為替市場予測や、中長期のマーケット予測では、債券市場予測を東京海上日動火災へ提供、米国ETF用の予測モデルをロボアド運営のFOLIOに提供するなどの実績がある。

アルパカの金融系AI技術は、公開できるものだけでも、法人向けに複数の実績がある(アルパカ)
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -