3分Biz.
ニュース
» 2021年08月30日 10時30分 公開

コロナ禍のブームが追い風 20年度の自転車販売市場は過去最高を更新2100億円超(1/2 ページ)

帝国データバンクの調査によると、自転車販売市場が20年度に売上過去最高を更新した。コロナ禍による感染リスクの低い移動手段としての人気の高まりや、ウーバーイーツなどの配達員の自転車需要が増えたことが要因のようだ。

[コネムラメグミ,ITmedia]

 帝国データバンクの調査によると、2020年度の自転車販売市場(事業者売上高ベース)は2100億円を超え、過去最高を更新したことが分かった。大手のあさひ(大阪市)が過去最高の売上高・利益を計上したことなどがけん引し、市場の拡大が続いている。

自転車 自転車販売市場は20年度、2100億円超に(出所:リリース、以下同)

 自転車販売は、新型コロナウイルス感染拡大と緊急事態宣言の発出で、繁忙期となる卒入学シーズンの来店客が大きく減少。特にショッピングモールなどに店舗を構える自転車店では、臨時休業や時短営業といった影響がその後も長引き、業績面への影響が心配されていた。

 しかしコロナ禍が拡大・長期化し、感染リスクの低い移動手段として自転車が見直され、通勤・通学用として人気が高まった。店側はネット販売を迅速に進め、実店舗での売り上げの落ち込みをネット販売でカバーする体制を整えた。このような販売環境の好転が、業績の維持や増収に繋がったことも大きい。

 その後も長期にわたる外出自粛から、自転車は気軽なレクリエーションとしても注目された。大人から子どもまで幅広い商品で新車販売が伸び、乗っていなかった自転車のメンテナンス需要も活況だった。ウーバーイーツなど自転車を活用した配送サービスも拡大し、配達員の自転車需要が増えた。

自転車 自転車販売市場が、20年度の売上過去最高を更新した
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -