メディア
ニュース
» 2021年09月01日 14時20分 公開

在宅勤務をしているのに「手当」がない人は約4割 支給してほしいものは?経験者に聞く(1/2 ページ)

在宅勤務が普及しているが、会社から何かしらの支給がある人はどの程度いるのか。

[ITmedia]

 在宅勤務に伴う手当がない人は39.3%――そんな結果がLIXIL住宅研究所(東京都江東区)の調査で分かった。

在宅勤務ならではの出費をどうしてる?(画像はイメージ、提供:ゲッティイメージ)

 在宅勤務の導入・実施に伴い、会社から手当などの支給がある(あった)項目については、最多が「時間外手当」(17.3%)で、「PCやアプリなどの購入費(現物支給でも可)」(16.3%)、「これまでと同様の通勤手当(出勤日が少なくとも従来通りの金額)」(14.4%)と続いた。

在宅勤務において、会社から支給(手当など)がある(あった)項目(出所:リリース、以下同)

 在宅勤務の経験については、「これまで在宅勤務の経験はない」(45.4%)が最も多く、「現在、週1日以上在宅勤務をしている」(36.7%)、「過去に在宅勤務していたが、現在はしていない」(17.2%)と続いた。

在宅勤務の経験はあるか

 週1日以上在宅勤務をしていると回答した人に頻度を尋ねると、「原則的に1週間のほとんど在宅勤務」は29.9%で、「週に1日程度会社に出勤」が17.7%、「週に2〜3日会社に出勤」が31.5%、「週に4〜5日会社に出勤」が16.9%という結果に。

在宅勤務の頻度は?
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -