メディア
ニュース
» 2021年10月07日 13時49分 公開

内々定先企業を否定された! それでも入社を決めた就活生は66.8% どうやって説得した?マイナビが調査(1/2 ページ)

内々定先企業について周囲から否定的な意見・反対を受けても、入社を決めた学生は66.8%。マイナビが、2022年卒業予定の大学生・大学院生を対象に調査を実施して分かった。どうやって説得したのか。

[ITmedia]

 内々定先企業について、周囲から否定的な意見が出ても入社を決めた学生は66.8%――そんな結果が、2022年卒業予定の大学生、大学院生を対象に実施したマイナビの調査で分かった。

せっかく入社しようと思ったのに……(画像はイメージ)

 9月末時点における内々定率は86.6%で、8月末時点と比べて約5ポイント増加した。また、平均内々定保有社数は2.3社という結果に。

内々定率と平均内々定保有社数(出所:リリース、以下同)

 内々定先企業について否定的な意見・反対を受けた学生の割合は27.7%だった。一方、「誰にも反対されなかった」は65.7%で、「誰にも意見を聞かなかった」が6.6%となった。

内々定先企業について反対された割合

 否定的な意見・反対を受けた相手の1位は「父親・母親」(69.9%)で、2位は「友人(学校内)」(11.9%)、3位は「兄弟・姉妹」(9.6%)だった。

反対しているのは誰か
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -