ニュース
» 2021年10月18日 12時38分 公開

吉野家HD、3〜8月期の決算を発表 ドラッグストア50店舗で牛丼の販売を目指す最終黒字(3/3 ページ)

[ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

どんな取り組みをするのか

 下期の取り組みとしては、はなまるうどんにおいて、非接触型の最新型店舗を導入する。具体的には、テークアウト専用レーンや、デリバリー用受け取り口を設置する。従業員との接触を避けるためにセミセルフレジを導入する。店内の快適性を高めるため、座敷タイプの客席を用意する。吉野家では、テークアウト専用タブレットなどの導入を目指す。

 販売チャネルも開拓する。吉野家は10月1日から、ドラッグストア「ウエルシア薬局」の弁当・総菜売り場で牛丼の販売を本格的に開始した。ウエルシアと北海道のドラッグストア「サツドラ」の一部店舗で牛丼並盛を販売したところ、ランチタイムを中心に一定の需要が見込めたという。吉野家HDは、21年度中に50店舗で牛丼を展開する予定だとしている。また、吉野家の牛丼の具などのダイレクトセールスを拡充し、外販事業(冷凍食品)を100億円規模に成長させる方針だ。

ウエルシアで牛丼を販売する取り組み(出所:リリース)
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -