金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年12月08日 17時20分 公開

楽天銀行と楽天証券の口座連携「マネーブリッジ」、300万口座到達

楽天銀行と楽天証券は、両社の口座を連携して利用できる「マネーブリッジ」の設定数が300万口座を突破したと発表した。200万口座突破から11カ月で100万口座増加した。

[斎藤健二,ITmedia]

 楽天銀行と楽天証券は、両社の口座を連携して利用できる「マネーブリッジ」の設定数が300万口座を突破したと発表した。200万口座突破から11カ月で100万口座増加した。

 マネーブリッジは、銀行口座と証券口座で自動入出金が行えるサービス。証券の売買などにおいて、銀行口座残高から直接買い付けたり、売却代金が自動的に銀行口座に入金されたりする。マネーブリッジを設定すると、普通預金口座の金利が0.1%にアップする特典もある。

 楽天証券の口座数は700万口座となっており、約42%が楽天銀行を中心的な銀行として併用している計算だ。また楽天銀行は11月末時点で1165口座となっており、少なくとも25%が楽天証券を併用していることになる。

 SBI証券と住信SBIネット銀行、auカブコム証券とauじぶん銀行、またGMOクリック証券とGMOあおぞらネット銀行など、グループ内の証券と銀行で口座を連携させる、いわゆる銀証連携は各社が取り組んでいる。しかし、そのボリュームと使い勝手の面で、楽天グループの銀証連携が一歩抜き出ているかっこうだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -