3分Biz.
調査リポート
» 2021年12月28日 12時20分 公開

収入アップのため新たに取り組んだこと、1位は「副業」 増収額は?中には100万円超も(1/2 ページ)

コロナ禍で働き方が大きく変化する中、ビジネスパーソンは、収入や収入アップについてどのように考えているのだろうか。Daiが2123人を対象に調査した。

[ITmedia]

 コロナ禍で働き方が大きく変化する中、ビジネスパーソンは、収入や収入アップについてどのように考えているのだろうか。フランチャイズビジネス情報サイト「フランチャイズWEBリポート」を運営するDai(京都市)が、2123人を対象に調査した。その結果、23.5%が収入アップのために今年新たにチャレンジしたことがあると答えた。

収入あげる

 結果を年齢別で比較したところ、20代の約半数にあたる48.2%が「チャレンジしたことがある」と回答。その一方、50代は16.3%にとどまった。今回の調査では、若年層の方が収入アップのため、新たな取り組みを始めていることが分かった。

収入あげる 収入アップのために新たなチャレンジを始めた?(フランチャイズWEBリポート調べ)

 「新たなチャレンジをした」と答えた人にその内容を尋ねた。全ての年代で「副業」が45%を超え、最も多くなった。副業の具体的な例としては「ポイ活」「フリマサイトでの販売」「Uber Eats」「YouTube」といった仕事があがった。

収入あげる チャレンジしたことは何?(フランチャイズWEBリポート調べ)

 年齢別では、20代は「資格取得などのスキルアップ」(23.2%)とほぼ同率で「投資」(23.9%)と回答。40代・50代では、20〜30代にはなかった「転職」(40代:9.1%、50代:6.6%)との選択肢もあった。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -