ニュース
» 2023年07月16日 07時00分 公開

「初回1万台が3日で完売」──ソニーの新型「着るエアコン」、猛暑でバカ売れ中 猛暑に商機 「ひんやりグッズ」の狙い(1/3 ページ)

猛暑が続く中、ソニーグループの充電式冷温デバイス「REON POCKET 4」の販売が好調に推移している。昨夏のヒット商品「REON POCKET 3」の新型で、4月の発売以来、3日で初回出荷分1万台が完売したという。

[樋口隆充ITmedia]

猛暑に商機 「ひんやりグッズ」の狙い:

電気代高騰や猛暑を背景に企業が「ひんやりグッズ」に商機を見いだしている。ヒットしている商品はどのようにして開発されたのか? 売り場のトレンドはどうなっているのか? 消費者のトレンドや開発の舞台裏に迫る


 猛暑が続く中、ソニーグループ(ソニーG)の充電式冷温デバイス「REON POCKET 4」(レオンポケット4、1万6500円)の販売が好調に推移している。昨夏のヒット商品「REON POCKET 3」の新型で、4月の発売以来、3日で初回出荷分1万台が完売したという。

photo 「REON POCKET 4」の使用イメージ(出典:同社公式Webサイト、以下同)

バッテリー容量増、本体デザイン変更

 レオンポケットシリーズは、着脱可能なウェアラブルデバイス。冷温ともに対応し、衣服に取り付けることで、利用者の体温調節をサポートする。「着るエアコン」「着るクーラー」とも呼ばれている。クラウドファンディングから試験的に販売を始め、2020年7月に一般発売。以降、毎夏、新機種を発表している。

photo レオンポケット4本体
photo 着用時の温度変化

 新機種はバッテリー容量を増やしたことで、旧機種よりも駆動時間が最大2倍に。本体デザインも刷新し、吸気口の場所を変え、高効率での空気の循環を可能にするデザインを採用するとともに、放熱機構を大型化することで、最大約1.2倍の吸熱性能を実現した。

photo 旧型からバッテリー容量を増やした

 耐水・耐汗構造も採用。内部部品にシーリング加工を施し、水滴・ほこりが浸入しにくい防じん・防滴に配慮した設計とした。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.