ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略

「ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略」の連載記事一覧です。

ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:

会員を600万人以上持つ丸井グループのクレジットカード。その多くが若者であることは今も昔も変わっていない。なぜ丸井は彼らに支持されるのか。その理由をひもとくと……。

【伏見学 , ITmedia】()
ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:

ベビー・ママ用品メーカーのピジョンが開発する哺乳器などが売れている。しかも国内だけではない。世界各国にマーケットを拡大しているのだ。その強さの秘密とは何だろうか?

【伏見学 , ITmedia】()
ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:

都心で好立地の戸建て住宅が今売れている。しかも主な買い手は年収500万〜1000万円の平均的な会社員だという。こうした物件を販売するのがオープンハウスとはどのような会社なのだろうか。そしてなぜそれが可能なのか。

【伏見学 , ITmedia】()
ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:

公共事業の削減によって厳しい経営環境にある土木資材業界。そうした中で踏ん張り続けているのが、独立系企業の前田工繊である。効を奏した同社のユニークな戦略とは?

【伏見学 , ITmedia】()
ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:

全国各地の工芸品を扱う雑貨屋「中川政七商店」が人気だ。創業300年の同社がユニークなのは、メーカーとしてだけでなく、小売・流通、そして他の工芸メーカーのコンサルティングにまで事業領域を広げて成功している点である。取り組みを中川淳社長が語った。

【伏見学 , ITmedia】()
ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:

化学メーカーのカネカは頭髪装飾品分野において世界で大きなシェアを誇る。特にアフリカ地域ではブランド認知度も高い。なぜカネカの商品は支持されるのだろうか。

【伏見学 , ITmedia】()
ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:

新生銀行の傘下で、主に首都圏の中堅・中小企業に投資銀行サービスを提供する新生プリンシパルインベストメンツが好調だ。「誰もやりたがらなかったことをやる」――。こうした同業他社とのユニークな差別化戦略が実を結んでいるという。

【伏見学 , ITmedia】()
ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:

2000年に日本初のインターネット結婚情報サービスを開始したのを皮切りに、現在では包括的な婚活支援サービスを提供しているIBJ。会員の成婚率は5割超えという、業界でも高い数字を誇っている。そんな同社の取り組みを石坂社長に聞いた。

【伏見学 , ITmedia】()
アクセスランキング
  • 本日
  • 週間