連載一覧

ハローサイクリングは後発の企業にもかかわらず、独自の施策でシェアを拡大し続けてきた。どのような戦略でシェアを拡大してきたのか。運営会社オープンストリートの工藤智彰社長に聞いた。

企業価値(PBR)向上が日本企業にとって喫緊の経営アジェンダとなる中、企業の資本効率や事業の収益性を表す「ROIC」を経営指標に活用する「ROIC経営」に注目が集まっている。ROIC経営を成功させる要因や課題は何なのか。アビームコンサルティングの担当チームが解説する。

不動産業界のDX推進において、活用するAI技術や先端技術との親和性、活用方法やその効果、将来性などについて、アットホームラボ代表取締役社長の大武義隆氏が解説する。

合理的で効率化が求められる社会。どんどん便利になる社会。何不自由なく生きられる社会。しかし、それと逆行するように人々の幸福度は下がっている。 もっと豊かで人間らしい暮らしを得るには、時間的な余白や、一見どうでもいいような機能、生活必需品ではないものの購入など、いうなれば「無駄」が必要なのである。無駄こそ心にゆとりをもたらし、無駄こそ周囲へのやさしさにつながる。真の豊かさを求める上での最強の武器である「無駄」について、社会を解剖していく。

アイデアが浮かばない、こんな無駄な作業なくしたい――。ビジネスパーソンを悩ませる日々のさまざまな困りごと、ChatGPTに聞いてみませんか? ITジャーナリストの酒井麻里子氏がプロンプトの書き方を伝授する。

政府が創設した10兆円規模の「大学ファンド」初の支援対象候補に、東北大学が選ばれた。総長インタビューをはじめ、東北大のさまざまな取り組みを聞き、同大の挑戦を取り上げる。

マーケティングはビジネスを成功に導く武器です。しかし、その領域は広範で専門性が高いことに加え、テクノロジーの進化や消費者ニーズの変化を常に反映させる必要があるため、簡単に扱えるようにはなりません。にもかかわらず、基本の学び方を理解せずに迷子になるマーケターが後を絶ちません。本連載では「マーケティングの学び方を学ぶ方法」を解説します。マーケティングの学習法を身に付けて初めて、マーケターのスタートラインに立つことができます。トライバルメディアハウスの「マーケティングの学び方を学ぶ塾」開校です。

生成AIが急速に広がり、「AIに仕事を取られるのでは?」という風潮が後を絶たない。営業領域において生成AIの存在は、味方になりうるのか、はたまた脅威になりうるのか――。

働き始めて間もなく10年、中堅社員として責任ある業務も任されるようになった。さらなるステップアップを目指したいけれど、何をすればいいのだろう。仕事も大事だけれど、プライベートも大切にしたい――。 キャリアアップ、ワークライフバランス、リスキリング……どうすれば自分が納得できるキャリアを歩めるのか。中堅ビジネスパーソンが抱く悩みに、長年、多くの人の働き方を見つめアドバイスしてきたワークスタイル研究家の川上敬太郎さんが回答する。

日本オラクルは2024年を「エンタープライズの生成AI元年」としている。同社の三澤智光社長にインタビューした。

ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)で「参謀長」と呼ばれているのが、チーフオブスタッフ兼CEO室長の佐々木陽介さんだ。佐々木さんは、日本語で言えば「参謀長」として、CEOの補佐役や、ソフトバンクグループとのパイプ役をしている。現状のSVFの内幕は? どんな投資をしているのか? 佐々木さんが見た孫正義会長兼社長の「先を見通す力」とは? 3回にわたってお届けする。

ブサワ・コウことコーエーテクモホールディングスの襟川陽一社長などに「信長の野望」シリーズについて聞いた。

本連載では、たとえどのような状況に置かれても、その状況を自分のプラスに変えていくヒントとして「セルフリーダーシップ」について全5回にわたり紹介していく。

“マーケティングで成功した会社”といえば、みなさんはどの会社を思い浮かべるだろうか? アップル、コカ・コーラ、P&G、ロレアルなど、よく外資系企業が名前を挙げられる。 しかし、実は日本にもマーケティングで大きな成長を遂げた会社がたくさん存在する。 本連載では、マーケティングで成功をあげるための本質的な考え方・思考法を、外資マーケティングの最前線で戦ってきた小林幸平氏が、独自のマーケティングフレームで解説する。

今話題を集めている“一風変わった”、面白い仕掛けのある広告を取材し、狙いやこだわり、アイデアの原点を探る。

音楽配信サービスや音楽業界向けソリューションを手掛けるレコチョクが、生成AIの積極的な活用を進めている。音楽市場への新たな価値提供の実現が狙いだ。4回にわたってその取り組みに迫る。

数々の企業にこれまで投資し、成長を続けてきたソニーグループ。同社はいったいどのようにして、この「技術の見極め」をしてきたのか。ソニーイノベーションファンドを率い、ソニーグループ副社長CSOを務める御供(みとも)俊元さんが語った。

近年需要が高まるIT人材。ミドル・シニアの転職に関する疑問を、Q&A形式で回答します。

年間82万部を売り上げ、累計販売部数が1000万部を超えた「ほぼ日手帳」。売上30%増の理由や、チームの作り方、経営論などを、ほぼ日社長の糸井重里さんと、取締役の小泉絢子さんに聞いた。

「頑張っているのに、なんで売れないのだろう」と悩む営業は多い。売れない営業には、必ず何らかの「原因」がある。どうしたら「売れる営業」になれるのかエッジコネクションの大村康雄代表が、事例を基にQA形式で解説する。

ChatGPTをはじめとする生成AIに注目が集まる中、多くのスタートアップ企業が生成AIビジネスに参入している。新興企業は新たな技術を武器に、既存のビジネスをどう変革していくのか――。

どのようにして人的資本経営を実現していくのか、そしてその中におけるCHROの役割について解説します。

「組織をより良くして、売り上げ増や働き方改革を目指そう」――多くの企業が、日々組織改革に取り組んでいる。日々変化し続けることを求められる中「実際何も変わらなかった」「変わることばかり求められて疲れてしまった」など、改革が失敗に終わるケースも少なくない。  本連載では、組織人事コンサルタントの武藤久美子氏が、5回にわたって組織改革道中の落とし穴や壁、その乗り越え方をご紹介。

M&Aと資金調達のマッチングプラットフォームを運営するM&Aクラウド(東京都新宿区)の及川厚博CEOを聞き手として、スタートアップや事業会社・CVCのリアルな声を伝え、オープンイノベーションのヒントを見いだしていく。

 テクノロジーによってビジネスの在り方が変わっていく、テクノベート(テクノロジー×イノベーション)の最中にある現代。特にマーケティング領域は、デジタルツールの発展によって大きな影響を受けています。  この連載では、グロービス経営大学院が、デジタルマーケティングにおいて「分かったつもり」ではなく、今必ず理解しておきたいキーワードを厳選し、関連事例を紹介しながらその実践におけるポイントを解説します。

ビジネスには「絶対成功の法則」はないが、成功の可能性をあげるためのセオリーはある。勝ち続けている企業の背景にはどのようなカラクリがあるのか。 ビジネスモデル初心者を対象にわかりやすく、実際に今も躍進を続けている企業の分析を通じて我々が知っておくべき「成功のためのネタ」をご紹介します。

近大マグロのPRや、卒業生であるつんく♂氏を入学式のプロデューサーに起用するなど、独自の宣伝戦略を打ち出す近畿大学。卒業式のゲストスピーカーも堀江貴文氏、山中伸弥氏、楽天の三木谷浩史氏、サッカー元日本代表の本田圭佑氏と多彩だ。 その戦略の狙いは? 近畿大学で経営戦略本部長を務める世耕石弘氏に話を聞いた。

米国小売業に精通した流通コンサルタント、後藤文俊氏の新連載。数多くの成功・失敗事例から得た知見に基づき、小売業の未来や日本の小売業の可能性について探る。

GMOインターネットグループが新卒採用での人財投資に力を入れている。「新卒年収710万プログラム」は東京本社採用の人財に2年間、年収710万円を確約するものだ。同社副社長で、グループ人財開発を統括する西山裕之さんに話を聞いた。

上場後のスタートアップの資金調達や成長支援を行うグロース・キャピタルの嶺井政人CEOが、現在活躍するCEOと対談。その企業の成長の歴史や、CEOに求められることを探る。

SOMPOグループが、これまでの考え方とは異なるパーパス経営を展開している。MYパーパスとはいったい何で、なぜ導入に至ったのか。SOMPOホールディングスでグループCHRO執行役専務を務める原伸一さんに話を聞いた。

生成AIがビジネスを大きく変えようとしている。従来のルールを覆す「ゲームチェンジャー」となり得る新技術に、企業はどう向き合うのか。生成AIの独自開発・活用に名乗りを上げた企業に構想を聞く。

生成AIがビジネスと社会を大きく変えようとしている。従来のルールを根底から覆す「ゲームチェンジャー」ともなりうる新技術に、企業はどう向き合おうとしているのか。生成AIの独自開発に名乗りを上げた企業に、その構想を聞く。

人的資本経営に、企業はどう対応をすればいいのか。味の素CEOに人材や技術、顧客などの無形資産が経営にとって重要な役割を果たす理由を聞いた。

作曲家、作詞家、音楽プロデューサーでありTNX社長のつんく♂氏と、AI研究者で、音楽生成AIを使ったアプリを制作するDataPOP社長の酒巻隆治氏に、「AIと生成AIと音楽ビジネスの未来」をテーマに対談してもらった。

「DX」という言葉に踊らされていないだろうか? テクノロジーの急速な進化はアパレル業界全体に不可逆な変化をもたらしている一方で、ややもすればテクノロジーは単なるバズワード化し、本質を欠いた戦略で失敗する企業は後を絶たない。アパレル企業が生き残るにはなにをすべきで、なにをすべきでないのか。本連載では国内外の最新テック事例を“アパレル再生請負人”河合拓の目線で解き明かし、読者の「次の一手」のヒントを提供する。

「思うように売上が上がらない」「マーケティングが効いているのか効いていないのかわからない」理由の多くは、戦略が論理的に組み立てられていないことに起因しています。本連載では、マーケ戦略策定に潜む10の落とし穴とその解決法を解説していきます。どうすれば「筋の良い」マーケティング戦略を組み立てることができるのか?――トライバルメディアハウスのマーケ戦略塾、開講です。

現在、需要が急増しているのが、コワーキングスペース大手のWeWorkだ。これまではコワーキングスペースの活用に消極的だった大企業の入居も増えている。ジョニー・ユーCEOに、コロナ禍でWeWorkが取り組んできた改革と、大企業に支持されている理由を聞いた。

ChatGPT開発企業である米OpenAI社のサム・アルトマンCEOが6月、慶應義塾大学三田キャンパスで学生と対話した。その後、ソフトバンクグループの孫正義氏とも会談したという。AIの今後や社会がそれによってどう変わっていくのか。経営にAIはどう寄与していくのか。アルトマンCEOが考えていることは? ChatGPTと生成AIの最前線を追う。

「なぜ、あの会社の事業はうまくいっているのか?」――事業戦略やサービスの強さなどさまざまな要因が考えられますが、本連載では営業、特に組織としてどのように売り上げを創出できたのかという「セールスイネーブルメント」の観点で成功の秘けつを読み解いていきます。

近年、注目される機会が増えた「人的資本経営」というキーワード。しかし、まだまだ実践フェーズに到達している企業は多くない。そんな中、先進的な取り組みを実施している企業へのインタビューを通して、人的資本経営の本質に迫る。インタビュアーは人事業務や法制度改正などの研究を行う、Works Human Intelligence総研リサーチ、奈良和正氏。

圧倒的な成果を出し続ける営業は、日々どのようなことを考え、どのように実行しているのだろうか? キーエンス、SAP、freeeなどで16年の営業キャリアを積んだ筆者が、早期に成果を出すためのヒントや営業組織の強化方法を紹介します。

AIの進化に伴い、人々の仕事はどのように変わっていくのでしょうか。既存の仕事の多くを代替していく可能性を秘めており、営業業務においても例外ではありません。賢くAIを活用し、効率的に成果を上げる営業になるためにはどうすればいいか、考え方や具体的な方法を解説していきます。

誰もが知る、あのロングセラー商品はいかにしてうまれたのか。人気を持続させるための秘訣は何なのか。ロングセラー商品の育て方を、企業の担当者の視点から解き明かす。

各企業のおもしろい、変わった人事制度を取材し、「特集:おもしろ人事制度」というシリーズでご紹介。

「あの商品はどうして人気?」「あのブームはなぜ起きた?」その裏側にはユーザーの心を掴む仕掛けがある──。この連載では、アプリやサービスのユーザー体験(UX)を考える専門家、グッドパッチのUXデザイナーが今話題のサービスやプロダクトをUXの視点で解説。マーケティングにも生きる、UXの心得をお届けします。

労務に関するギモンを、会話形式で解決します。執筆は労働法に詳しい株式会社Works Human Intelligenceの社労士・井口克己氏。

乗り物全般ライターの宮武和多哉氏が、「鉄道」「路線バス」「フェリー」などさまざまな乗りもののトレンドを解説する。

原材料高騰が続く中でも、ワンコイン前後でランチを提供し、多くのビジネスマンから支持を集める外食チェーンがある。各社のランチの戦略やメニューのこだわり、価格維持への企業努力をひもとく。

生活様式の変容にいち早く対応し、新商品を投入し続ける家電メーカー。本連載では、ヒット商品の分析と共に、各社の新商品を取り上げ、家電業界の今後のトレンドを予想する。

外資企業にて営業・マーケティング組織のマネジャー経験が長い水嶋玲以仁氏が、日米の文化や組織の違いを解説。オールドスタイルの「日本式営業」から脱却し、生産性を高めるヒントをお届けしていきます。第1回は、日米の文化の違いについてです。

仕事とプライベートの境目があいまいになり始めている昨今、業務を楽しみ、生産性を高めるアイデアは世の中にあふれている。その中から、読者のQOLとQOB(Quality Of Business)向上につながるネタを提供していく。

『アイドルマスター』がバンダイナムコを代表する人気コンテンツであり続ける秘訣(ひけつ)は何か。どのようにユーザー層をアップデートしているのか。取材で迫る。

サステナビリティを巡る世界の動きは非常に速く、企業は日々新たな対応が求められています。気候変動から自然資本、人的資本、サステナビリティ全般へと、情報開示の対象は拡大し、開示義務化の流れも世界的に加速しています。今後情報開示を充実させていくためには、組織変革も不可欠です。開示先行で変革を強いられている中、企業がサステナビリティ変革を受動的でなく能動的に変革を推進するにはどうすればいいのか。EYストラテジー・アンド・コンサルティングが7回に分けて解説していきます。

テクノロジーが激しい発展を続け、社会が激変する中で、その波に乗って生活をもっと便利に、そして楽しくするためにはどうすればいいのか? 世の中にあふれる膨大な情報や裏ワザの中から編集部が厳選して、読者のQOL向上につながるネタを提供していく。

「体が資本」という言葉の通り、現在のビジネスでは「健康」が一つのトレンドとなっている。一方で、リモートワークの普及による運動不足や、過重労働による睡眠不足など、ビジネスパーソンと健康を取り巻く環境に課題が山積している。「食」や「睡眠」、「運動」といったさまざまなキーワードから、心身ともに健康を維持し、パフォーマンスを高く保ち長く働き続けるためのヒントを提供する。

コロナ禍を経て、ますます重要性を増すコミュニケーション。一歩間違えれば、大きな失敗につながってしまうことも多々あるのが怖いところだ。そこで本コーナーでは、日々生活をする上で生じる多様なコミュニケーション機会を扱い、「失敗」をしないためのヒントを解説する。

先行き不透明な年金制度や、なかなか上がらない給料。そんな中でも、老後資金には2000万も貯めなければいけないらしい。国際的にも賃金が低くなりつつあるこの国で、人生100年を生き抜くための資産形成をどう実現すべきか。なかなか他人には聞きにくいこの問題を、こっそり解説していく。

共働き世帯が増える中、働きながら家事や育児をこなすためには、これまで以上の効率化が求められるようになっている。とはいえ、日中働きながら、有益な情報を探すのはなかなか難しい――。そんな読者に向けて、家事・育児、そしてくらし全般をアップデートし、仕事との両立をサポートするコンテンツをお届けしていく。

令和5年(2023年)は、「労働基準法改正」「育児・介護休業法改正」「Cookie規制」などの改正法施行が予定されている。企業は改正法施行に向けて、どのような準備をしておくべきか?

世界有数のエンターテインメント企業、ウォルト・ディズニー・カンパニーが、日本を含むアジア太平洋地域(APAC)の市場を拡大しようとしている。前編ではDisney+の成功から「中国市場攻略の秘策」まで、後編では日本のアニメ産業をどう見ているかを、ウォルト・ディズニー・カンパニーでAPACを統括するルーク・カン氏に話を聞いた。

多忙を極める現代社会。資料作成や会議、商談や雑務など積み重なるタスクをマルチにこなしながら、これまでにない高い生産性を実現するには「効率化」が欠かせない。無駄を廃し、スマートに仕事をこなすために必要な基礎知識を紹介していく。

リモートでのコミュニケーションが増える中、本題に入る前のちょっと一言。話が弾む、アイスブレークに使える小ネタを解説します。

気候変動対策の最先端を走り続ける北欧・バルト諸国――。地理的・環境的要因からデジタル活用が活発で、BNPLやオンラインKYCなどさまざまなイノベーションを生んできた。そんな地域で気候変動対策×デジタルのネクストイノベーションとして話題になっているのが、脱炭素への貢献と消費者や企業のファイナンス活動を結びつける“Climate Fintech”だ。北欧・バルト地域を中心に投資活動を行うNordicNinja VCのパートナー宗原智策がClimate Fintechの最先端を紹介する。

カプコンの大人気格闘ゲーム『ストリートファイター』シリーズが、今年で35周年を迎えている。当時の開発者に開発秘話を、『ストリートファイター6』のプロデゥーサーに展望を聞いていく。

「スーパービーダマン」「ベイブレード」といった人気玩具の開発に携わってきたトイクリエイター大澤孝氏が、ヒットしているコンテンツや業務に生かせる発想法を解説していく。

職場で働く女性はいろいろなストレス、働きづらさを抱えている。「家庭との両立」「セクハラ」「女性ならではの人間関係」「お局」などなど――挙げればきりがない。本連載では、産業医として活躍する川村佳子氏が働く女の“ツライ”の原因や解消法を解説する。

「今さら聞けない経済用語」「何となく分かるけど、説明できないビジネス単語」など、気になる言葉をニュースと共に解説します。

ビジネスパーソンとして間違えてはいけない「社名」。そこには企業の精神や歴史、支えてきた人の営みが隠されています。社名の由来や変遷、背景情報までサクッと紹介します。

働かないおじさん、管理職にならない若者……現代は、責任を負い、才能を育てるマネジャーへのイメージが著しく下落している。そんな中、不確実性が高い芸能界やアスリートの世界でも結果を残す名物マネジャーはどのようなことを意識してマネジメントを行っているのか――。多くのエンターテイメントビジネスのプロデュースを手掛けるFIREBUGの佐藤詳悟CEOが、今気になるマネジャーを訪ね、才能を発掘する方法、育てる方法、軌道にのった後のマネジメントの在り方を議論する。

「沼に足を取られたように、なかなかスランプから抜け出せない」「考えすぎてつらい……」。そんな時、どのように対応すべきなのだろうか。仕事上で起きがちな事例を基に、“沼”から抜けだすヒントを考えてみたい。

新しい格闘技のビジネスモデルを開拓しているのがK-1だ。一度消滅したK-1が今、目指すものは何なのか。K-1の中村拓己プロデューサーに聞いた。

2021年1月に日本発のプロダンスリーグ「D.LEAGUE(Dリーグ)」が誕生した。若者の取り込みに成功し、かつ女性の取り込みにも成功したDリーグの戦略は、若者との接点に悩む企業にも参考になるはずだ。いかにしてダンスという新しいムーブメントを作ろうとしているのかを追った。

山口畝誉が、グローバルIT業界で培ってきたこと、さらにキャリアのエキスパート、ビジネスコーチとしての経験を通して学んできたことをまとめました。「VUCA(ブーカ:Volatility・Uncertainty・Complexity・Ambiguity)時代」にどこでも活躍できる、どのような状況下でも生き残れる、“身に付けておくべき超実践的なスキル”を「外資系1年目の教科書」と銘打ってご紹介します。

かつて至る所で見かけたあのチェーン店や商品、ブームは落ち着いたが今どうなっているの? そんな疑問を直接取材! 競争激しい業界で生き残る秘訣(ひけつ)が見えてきた。

消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)が令和5年(2023年)10月1日に導入されます。税理士の山口拓氏が、インボイスの概要をQ&A形式で解説します。

思うようにチーム運営ができない、部下がいつまでも成長してくれない──こうしたマネジャーが抱える悩みにお答えします。回答者は、ベンチャー企業向けのマネジャー育成プログラムなどを手掛けるEVeM代表取締役の長村禎庸氏。

70歳までの就業機会の確保を努力義務とする改正高年齢者雇用安定法(高齢法)が2021年4月に施行されて1年以上が経過した。企業の対応の現状や、担当者が抱えるホンネとは? 人事ジャーナリストの溝上憲文氏が解説する。

引く手あまたのハイスキル人材を採るためには、従来の人材紹介などだけでは対応しきれなくなっている現代。攻めの採用手法「ダイレクトリクルーティング」について、パーソルキャリア「doda」編集長の大浦征也氏が解説する。

4月に『スタグフレーションの時代』(宝島社新書)を上梓した経済アナリストで金融教育ベンチャーのマネネCEOを務める森永康平氏は、物価だけが上昇して賃金は増えていないことに強く警戒感を示している。このまま購買力が上がらないまま、物価だけが上昇していくとどうなるのか――。森永氏に聞いた。

コロナ禍をへて大きく変わった私たちの働き方。ビジネスマナーにも、時代に合わせて大きく変化するものがあれば、全く変化しないマナーも存在する。「こんなとき、どう対応するのが正しいの?」といった疑問に、NPO法人日本サービスマナー協会の特別マナー講師、井手奈津子さんが回答する。

小学生の時に誰もが背負っていたランドセル。教科書が詰まった「重たいもの」としての記憶も少なからずあるだろう。そのランドセルの重さの負担を軽減するツール「さんぽセル」が話題を集めている。「さんぽセル」はどのような経緯で生まれたのか。今後の展開は? 密着取材する。

優秀なプレーヤーから晴れてマネジャーに昇格した……と思いきや、求められる役割がガラリと変わり、初めてのマネジメント業務に四苦八苦している人も多いのでは。上からの理不尽な指示、扱いの難しい部下からの突き上げなど、新任マネジャーが直面しがちなお悩みに答えます。

デビューから41周年を迎えた日本のヘヴィメタルバンド「LOUDNESS(ラウドネス)」。所属事務所の社長に、ラウドネスをいかにしてマネジメントしてきたか、米国進出の経緯、今後の展望を聞く。

テレワークにオンライン会議など、新たなスタンダードが登場した現代は、これまでのビジネスの前例だけでは、カバーしきれなくなった時代です。そんな時代には、日本人が古くから狭い茶室で対面していた時にはどんな配慮が求められていたかを参照してみることにも、意味があることでしょう。 本連載では、現代のビジネスシーンでも応用できる、茶道に伝わる格言をご紹介します。

コロナ禍によるライフスタイルの変化や各種原材料費の高騰、またデジタライゼーションやDXの波など、ビジネス界を取り巻く変化はより一層大きなものとなっています。常に新しい変化が求められる中で生まれる各業界の最新情報やトレンドを、さまざまな識者の視点でお届けします。【本連載は、2022年10月からITmedia NEWSに移行しました】https://www.itmedia.co.jp/news/series/31764/

ベンチャーの成長のカギを握る存在、CFO(最高財務責任者)。この連載では、上場後のスタートアップの資金調達や成長支援を行うグロース・キャピタルの嶺井政人CEOが、現在活躍するCFOと対談。キャリアの壁の乗り越え方や、CFOに求められることを探る。

リモートワークの普及によって自由度の高い働き方への関心が高まっている。本連載では、労働時間を大きく労働者の裁量にゆだねる「裁量労働制」を取り巻く状況を整理し、解説する。

いつも買いたくなるあのブランド、いつも食べたくなるあのお菓子ーー。ほしくなるのは確かな理由が存在する。定番から話題まで、人気商品の知られざる物語を掘り起こす。

日本最大のポータルサイト「Yahoo! JAPAN(ヤフージャパン)」を運営するヤフーを傘下に持つZホールディングス(ZHD)と、LINEが経営統合して1年。前回のインタビュー「ヤフーとLINEが経営統合、川辺・出沢共同代表に聞く――ZホールディングスにあってGAFAにない優位性とは?」に引き続き、ZHDの共同CEOの川辺健太郎氏と、LINEの出沢剛氏にインタビューした。

財務や経理のみに限らない、ファイナンス人材の新たなキャリア候補FP&Aについて、FP&Aスペシャリストの鷲巣大輔氏が寄稿します。

アイドルグループ「でんぱ組.inc」「虹のコンキスタドール」をプロデュースしているのが音楽プロデューサーの「もふくちゃん」こと、福嶋麻衣子さんだ。「でんぱ組.inc」や「虹のコンキスタドール」を生み出すに至った経緯からプロデュースの要諦、マネジメント術まで掘り下げる。

 サードパーティーCookieへの規制や、個人情報保護法の改正など、Web広告やデジタルマーケティングを巡る状況は大きく変化しています。プライバシー保護規制の状況は今どうなっているのか、そして今後どうなっていくのか──。  広告やマーケティングにデータを活用するために気を付けるべきことを、トレジャーデータでパートナーアライアンスや事業開発を担当する山森氏が解説します。

近年よく聞くようになったセールスイネーブルメント(Sales Enablement)。営業組織が、成果に向かって持続的に成長できるようにする取組みを指す言葉だ。米国では取り組む企業が増えており、今後日本でも市場が伸びていくことが予測されている。本連載では、ブレーンバディ代表取締役の大矢剛大氏が、日本の企業におけるセールスイネーブルメントの取り組みを調査し、紹介していく。

厚生労働省では働き方改革の推進に向けて、裁量労働制を含む労働時間制度に関する検討会が2021年から行われています。あらためて裁量労働制とはどのようなものか、あるいは運用の実態はどうなっているのか、自社における導入の是非はどう判断したらいいのか、制度設計はどのように進めたらいいのか、などについて連載形式で解説します。著者は新経営サービスの田中宏明氏。

コロナ禍のテレワークの普及に伴い、従来の“転居を伴う転勤制度”を見直す企業が徐々に増えている。“働く場所”の今とこれからについて、人事ジャーナリストの溝上憲文氏が考察する。

長引くコロナ禍は人々の生活様式を変貌させた。それはビジネスパーソンの働き方もしかり。「働く場所=会社のオフィス」が当たり前だった世界は消え失せ、テレワークが浸透した現代では、オフィスだけでなく、自宅、コワーキングスペース、シェアオフィス、カフェに至るまで“働く場”は多様化している。 この連載では、“働く場”の再定義が余儀なくされた現代において、会社がどう対応するべきなのか? 先進的な取り組みを行っている企業に訪れ、紹介していく。

2010年に米国で創業したモデルナは、コロナワクチンの普及によって一躍有名になった。21年11月に日本法人モデルナ・ジャパンのトップに着任した鈴木蘭美社長(医学博士)に話を聞く。

本連載は、『「働かないおじさん問題」のトリセツ』の著者、難波猛氏が、著書の内容を基に最新の情報を加えて加筆修正したものです。

宇宙ベンチャーのインターステラテクノロジズでマーケティングアドバイザーを務める元ネスレ日本社長の高岡浩三氏。イノベーションを起こすためのマーケティングの本質、宇宙ビジネスに携わった動機、日本の大企業の問題点などを聞いた。

働き方に対する現場の疑問を、弁護士がQ&A形式で回答します。回答を見るには、会員登録が必要です。「ITmediaビジネスオンライン 総務・人事通信」と合わせてお読みください。

BABYMETALをプロデュースしたKOBAMETALさんにコロナ禍のライブ・エンタテインメントビジネスの展望やプロデュースの舞台裏、ビジネスとの向き合い方を聞いた。

人事ジャーナリストの溝上憲文氏が、これから多くの企業での導入が進むと考えられる「週休3日制」について解説します。

ディズニープラスの新たな戦略とは何か。ITmedia ビジネスオンラインはウォルト・ディズニー・ジャパンのキャロル・チョイ社長に単独インタビューを実施。その狙いを聞いた。前後編でお届けする。

JFEホールディングスは、第7次中期経営計画(2021年度から24年度)を持続的な成長のための強靭な経営基盤を確立し、新たなステージに飛躍するための4年間と位置付けている。その柱は、これまでの鉄鋼生産で築いてきた経験を生かして新たなビジネスにチャレンジすることだ。進めようとしている新規分野の将来性などについて柿木厚司社長に聞いた。

旭化成がマテリアル、住宅、ヘルスケアの3領域で多彩な事業を展開している。その事業戦略に早くからDXという横串を差し込んで新規事業を伸ばそうとしているのが特色だ。DXを成長戦略のカギと位置付ける小堀秀毅社長に話を聞いた。

2輪、電動アシスト自転車、マリンといった事業まで幅広い分野を手掛けるヤマハ発動機。海外売上比率は89.6%に上っており、まさに日本を代表するグローバルカンパニーだ。同社がコロナ禍を追い風に、DXをテコにして事業を大きく伸ばそうとしている。社内改革を進める日高社長に今後の展望を聞いた。

DX推進なくして企業の発展は望めない。NECがデジタル化の波に乗って飛躍しようとしている。その旗振り役である森田隆之社長にインタビューした。

コロナ禍が長引く中で、多くの企業が「オフィスをどう使うか」という重要な判断の分岐路に立たされています。そんな中、オフィスデザインを手掛けるコスモスモアが、ウィズコロナ時代、それぞれの企業の働き方に適した「新しいオフィスの在り方」を全5回の記事で提案します。

働き方に対する現場の疑問を、社労士がQ&A形式で回答します。回答を見るには、会員登録が必要です。「ITmediaビジネスオンライン 総務・人事通信」と合わせてお読みください。

宇宙を気軽に楽しむコミュニティーとして、7月に誕生したのが「そらビ」だ。宇宙キャスターとして活動するフリーアナウンサーの榎本麗美氏が代表、宇宙飛行士の山崎直子氏がアドバイザーに就任して、宇宙を身近に感じてもらう活動を展開している。その活動を追った。

大手商社の中で事業分野の見直しを含む構造改革を迫られていた住友商事。同社が、DXを活用してターンアラウンド(再生)を図ろうとしている。経営戦略においてDXを中心に位置付け、成功と失敗事例を示すことによって社員に共感を持たせるなど、多様な施策を実行してDXを先導してきたメディア・デジタル事業部門長(CDO)の南部智一副社長にインタビューした。

東京・新宿の歌舞伎町で深夜に営業している薬局がある。その名は「ニュクス薬局」。薬剤師でもあり、経営者でもある中沢宏昭氏が1人で切り盛りしている。今では歌舞伎町になくてはならない存在だ。歌舞伎町で深夜薬局というビジネスモデルが成り立っている理由を、中沢氏に聞いた。

印刷、押印、製本、郵送、書留、FAX、出頭、PPAP、印紙、注文請書……。日本から無数の“雑務”がなくならないのはなぜなのか。いつになったら、私たちはスマートに働けるのだろうか? 本連載では350以上の企業や自治体、官公庁などでの組織や業務の改革支援を行ってきた沢渡あまね氏が、働き方の“悪しき常識”に疑問を呈し、改革への道筋を探っていく。

生きづらい社会のなかで、「遅刻はするけど、きちんと成果を出す」のがひろゆきこと西村博之氏だ。彼が考える仕事において「本当に頑張るべきこと」とは何なのか。  なまけるのが苦手で、頑張りすぎてしまうビジネスパーソンは、いったい何を意識して働けばいいのか。「成果社会で生き抜くための時間の使い方」を伝えた『なまけもの時間術 管理社会を生き抜く無敵のセオリー23』(学研プラス)の中から、ひろゆき流の「なまけもの経営術」をお届けする。

「煙のない社会」を提唱し、10年以内に日本国内の紙巻たばこの販売から撤退を目指すフィリップ モリス インターナショナル。陣頭指揮を執るオルザックCEOはIQOS ILUMAやTEREAの開発にも深く関わってきた。前編ではオルザックCEOに、IQOSをいかにして日本市場に訴求してきたのか、後編では今後のPMIのビジネスについてインタビューした。

岸田文雄新内閣では新たに「経済安全保障」を担当する閣僚ポストが新設される。経済安全保障の重要性を指摘してきたのが経済ジャーナリストの井上久男氏だ。井上氏インタビューの前編では中国が進める「軍民融合」の実態と、中国企業の楽天への出資について聞いた。後編では日本の経営者に求められる経済安全保障への対応を聞く。

日本企業が、グローバル市場で組織能力を獲得し発揮するために今求められていることは何か──。 多くの日本企業のグローバル化の支援実績を持つマーサージャパンのコンサルタントが、ニューノーマル時代に見直すべきグローバルの人事戦略の在り方を解説する。

あの「岡ちゃん」は今、経営者になっている――。サッカーワールドカップ日本代表の監督を2度務めた岡田武史。なぜ、岡田武史は経営者になったのか。前編では愛媛県の社会人サッカーチーム「FC今治」での活動を聞く。後編では、チーム作りと会社作りの共通点、マネジメントの極意をインタビューした。

東京ラーメンストリートを管理するJR東海グループの東京ステーション開発は、地方に行けない首都圏在住者に向けた「ご当地ラーメンチャレンジ by 東京ラーメンストリート」を展開している。出店した「支那そばや」を運営するサノフードの社長で、「ラーメンの鬼」故・佐野実さんから経営を引き継いだ佐野しおりさん、仕掛け人の「せたが屋」前島司社長、東京ステーション開発の担当者に戦略を聞いた。

ポップカルチャーフェス「@JAM」の総合プロデューサーの橋元恵一さんにインタビュー。橋元さんはソニーミュージックグループに在籍し、絢香さん、ケツメイシ、山崎まさよしさんなどのビジュアルプロデュースを務めた。橋元さんの仕事の舞台裏、予期せぬ異動が転機となったアイドルプロデュースの世界での奮闘、コロナ禍のライブエンターテイメントをいかにして作り上げようとしているかに迫る。

人事向けシステムを提供する株式会社Works Human Intelligenceが、人事職なら押さえておきたい最新の人事トレンドや法改正情報を伝えます。

人事向けシステムを提供する株式会社Works Human Intelligenceが、人事職なら押さえておきたい最新の人事トレンドや法改正情報を伝えます。

労働法に詳しい株式会社Works Human Intelligenceの社労士・井口克己氏が、人事労務担当の素朴な疑問を解決します。回答を見るには、会員登録が必要です。「ITmediaビジネスオンライン 総務・人事通信」と合わせてお読みください。

リクルートの創業者、江副浩正氏の生涯をたどったノンフィクションが売れている。ジャーナリストの大西康之氏が上梓した『起業の天才! 江副浩正 8兆円企業をつくった男』(東洋経済新報社)はすでに5万部を突破した。ヒットの背景やリクルートの成長の秘密を、著者の大西康之氏に聞いた。

コロナ禍で新卒採用市場は一変。面接や説明会はなんとかオンライン実施したが、今後はどうしていくべきなのか分からない──。そんな人事担当が採用力を強化するために「今」するべき準備とは? 新経営サービスの大園羅文氏が解説します。

資産運用コンサルティング会社Japan Asset Managementの森山さやが、米国市場を中心に、先週のマーケットでの出来事を振り返り、今週の注目イベントを紹介します。

シングラー株式会社 代表取締役CEOの熊谷豪が、「人事と採用の未来」について人事業界の活躍者と対談をする

高齢者雇用安定法が改正されて、企業は4月から70歳までの社員の就業機会を確保するよう努力しなければならなくなった。企業にとっては継続雇用と定年延長・廃止に加え、個人事業主として業務委託契約を結ぶなどの対応を迫られている。形の上では高齢者の雇用拡大につながる一方、組織の高年齢化が進み、会社としての活力が低下するリスクがつきまとう。働かざるを得ない中高年層が増え続ける中で、企業の「お荷物」にならない「70歳の働く場」を考えてみた。

長い間、日本企業の役員といえば、アンタッチャブルな存在といっても過言ではありませんでした。しかし時代は変わり「役員は聖域」などと悠長なことをいってはいられない状況を迎えています。最近、役員の数を減らして、経営体制をスリム化しようとする企業が出てきています。全6回を通じて、どうして日本企業で役員改革が急務になっているのか、そもそも役員改革とは何なのか、じっくりとお伝えします。

部下の目標設定と評価は、評価者が“1年間で最も苦慮する仕事”の一つではないでしょうか。成長を促したい、きちんと「頑張った結果」を評価したい、と思うあまり、評価表が複雑化してしまったり、人事が作成した運用マニュアルを読んでも、いまいちピンと来なかったり……。評価者が目標を設定しやすく、評価しやすくするためには、どのような工夫が必要でしょうか。

「このようなケースは、ハラスメントといえるのだろうか」「企業側は、どう対応すべき?」──そんな疑問に、人事労務の分野に詳しい法律事務所ZeLo・外国法共同事業が答えます。 回答を見るには、会員登録が必要です。「ITmediaビジネスオンライン 総務・人事通信」と合わせてお読みください。

ICT(情報通信技術)を駆使して安全で生産性の高い施工を実現した、コマツの「スマートコンストラクション」。コマツはこれをさらに進化させた「デジタルトランスフォーメーション・スマートコンストラクション」を世界の建設、鉱山現場に導入しようとしている。前編では小川啓之社長に経営の基本線である「DX戦略」の行方を聞いた。後編では海外戦略を聞く。

令和3年度の税制改正で、電子帳簿保存法が改正されました。電子帳簿保存法は、これまでも数回の改正が行われてきましたが、令和3年度の改正はこれまでと比べると抜本的改革というべき内容です。「うちの会社は電子帳簿保存法とは関係ない」と考えていても、知らないうちに税務上認められない手続きになる可能性が高いので、きちんと理解しておかなければなりません。

The Breakthrough Company GO代表取締役で PR・クリエイティブディレクターの三浦崇宏さんにインタビュー。前編では若者のモチベートやマネジメント方法について、後編では広告業界の問題点を聞いた。

バブル崩壊直後の1991年に崎陽軒の経営トップとなった野並直文社長は、いきなり倒産の危機に直面する。下降を続ける売り上げや、大規模な設備投資などによって借金は100億円を超えた。そこからどのように立て直しを図ったのかを前編で、100年近くレシピの変わらない「シウマイ」が売り続けるブランディングの裏側を後編でお届けする。

先進的なデジタル販促に取り組む企業にその要点と戦略を聞く。

ハラスメント問題やコンプライアンス問題に詳しい弁護士・佐藤みのり先生が、ハラスメントの違法性や企業が取るべき対応について解説します。ハラスメントを「したくない上司」「させたくない人事」必読の連載です。

日本を代表するホテル評論家の瀧澤信秋氏が、ホテル業界の今を斬る。

時間・お金の使い方、人間関係など日常生活に関わる事柄から、退路を断つ、のめり込む、頭を使う、熱中するといったビジネスマインドまで。自身が起こした宇宙事業や、過去の失敗エピソードを交えて経営者としてのメッセージを贈った近刊『やりきる力』(学研プラス)の中から「経営者に必要な能力」について語ってもらった。

特定テーマに関するITmedia ビジネスオンラインの記事をまとめたPDFブックレット「ITmedia ビジネスオンライン e-book」を厳選して紹介します。

全国には地場のビジネス活性化やブランド創出に奮闘する企業が数多く存在する。こうした企業の特徴は、自社の利益追求だけではなく、地域全体の成長や発展に向けた貢献を惜しまず、どんなときでも地域経済を根底で支えようとする姿勢を貫く点である。 連載「地域経済の底力」では、全国各地から特筆すべき企業を取り上げ、それぞれの企業が地域にもたらす具体的な成果や価値などを伝えていく。

りそなホールディングスがDXを積極的に導入して銀行改革を大胆に進めている。南昌宏りそなHD社長のインタビューをもとに、りそながデジタル時代を先導してどこに向かおうとしているのかをお届けする。

日本酒を巡る時代の変化に対応し、ここ15年間で売り上げを2倍強に増やしたのが和歌山県海南市に本社を置く平和酒蔵だ。そんな平和酒蔵も実は先代まで、地元を中心に安酒を販売する酒蔵にすぎなかった。一体いかにして社内を改革し、世界的ブランドを得る企業へと押し上げたのか。その手法と戦略を山本典正社長に聞いた。

総務や人事の現場で起こる疑問を、Q&A形式で回答します。回答を見るには、会員登録が必要です。「ITmediaビジネスオンライン 総務・人事通信」と合わせてお読みください。

コロナ禍で企業の在宅勤務が進む中、港区赤坂に完成したシェアオフィスに、地方の放送局の東京支社が相次いで移転した。移転しているのはTBSをキー局とするニュースネットワークであるジャパン・ニュース・ネットワーク(JNN)系列の地方局。TBS佐々木卓社長のインタビューなどから、その狙いに迫った。

聖地巡礼の元となる地域住民がコンテンツを制作し、アニメ化となる原案を作る――そんな地方創生戦略のもとに動いていた漫画『やくならマグカップも』。陶芸に打ち込む女子高生を描いた作品で、「美濃焼」で知られる岐阜県多治見市を舞台にしている。仕掛け人のIT企業「プラネット」の小池和人会長によると、その背景には東京ディズニーランドの生みの親である故・堀貞一郎さんとの切っても切り離せない関係があるという。東京ディズニーランドと『やくも』はどうつながっているのか。なぜ、コンテンツで地方創生を志そうと思ったのか。小池さんに聞いた。

シングラーの熊谷豪(代表取締役CEO/Founder)が、人事や採用の戦略について解説する。

ホリエモンこと堀江貴文が考える「経営者に最も必要な能力」について語ってもらった。

超小型人工衛星を活用した宇宙ビジネスを展開するアクセルスペース(東京・中央)が、自社で開発した衛星「GRUS」4機を、3月20日に打ち上げる。複数の同型衛星を一度に打ち上げるのは、日本の企業では初めてだ。同社の中村友哉CEOにサービスを本格化させる「AxelGlobe」の狙いと、民間による宇宙ビジネスの未来を聞いた。

ビジネスパーソンを中心に500万人以上の会員を擁する経済ニュースメディア「NewsPicks」。他メディアのニュースを選別して配信する「キュレーション」のほか、独自で経済ニュースや経済番組を制作しインターネットで配信し、右肩上がりで有料会員を増やし続けてきた。培ってきた独自のビジネスモデルやブランド戦略はいかにして成功したのか。NewsPicks執行役員で「NewsPicks Studios」CEOの金泉俊輔氏にインタビューした。

小売業界に、デジタル・トランスフォーメーションの波が訪れている。本連載では、シリコンバレー在住の石角友愛(パロアルトインサイトCEO・AIビジネスデザイナー)が、米国のリテール業界の最前線の紹介を通し、時代の変化を先読みする。

エンワールド・ジャパン株式会社、営業統括部長・ヴァイスプレジデントの狐崎壮史が、「厳選採用」時代に求められる採用戦略、入社後に活躍する中途人材の採用手法と定着ノウハウを解説する。

法人向けの営業・マーケティング活動において、どのように顧客体験を作るべきか──ビービットのカスタマーサクセスとインサイドセールスを率いる礒野亘が解説する。

厳しいスマホゲーム業界の生存競争を生き抜き、「プリンセスコネクト!Re:Dive」「グランブルーファンタジー」「Shadowverse(シャドウバース)」などヒット作を連発し、複数の作品で5年以上にわたりトップセールスを維持し続けているCygames。プロデューサーとしてゲーム開発にも携わる木村唯人専務に、ヒット作を連発できる理由、それを支える組織論、メディアミックスの在り方について聞く。

先進的な制度や組織を持つ企業に、アイティメディアの人事部長三小田が、人事や経営の視点からインタビューをする。 三小田実(みこだ・みのる) アイティメディア株式会社人事部長、グロービス経営大学院人材マネジメント講師。アイティメディアで「人事制度・育成機会・働き方」の改革を推進している。

アパレル業界に向けコンサルティングを手掛けるココベイ社長の磯部孝氏がファッション・ビジネスの今を斬る

あらゆる人事施策には、メリットとデメリットがあります。他社にとっては良い施策でも、自社で導入してみると合わなかったということも起こり得ます。本連載では、人事施策に関するよくある誤解と、その原因や対策について事例を交えてお伝えしていきます。

暮らしのニーズに応えた新製品を市場へ投入し、留まることなく進化し続ける家電メーカー。毎年のように新しい製品が発表され、新メーカーが設立される中、それでも選ばれ、進化を続ける家電メーカーの強みとは何なのか。本連載では、進化を続ける家電メーカーを取材し、ものづくりを続けながら進化を遂げる秘訣をメーカーの取材で紹介する。

新型コロナウイルスによる感染拡大を食い止めるための切り札として、米国企業で製造したワクチンの接種が2月下旬にも日本で始まる。前編では今後の見通しについて、後編では接種に向けてクリアしなければならない課題や、開発プロセスの問題点について、ワクチン学が専門の東京大学医科学研究所の石井健教授にインタビューした。

ソフトバンクグループの孫正義氏に「4000億円のホワイトマーケットをよく見つけた」と言わせた企業がある。作業服の業界で40年間トップを走るワークマンだ。2020年5月以降は常に二桁の成長を実現。11月の既存店売上高は38カ月連続で増えている。同社の土屋哲雄専務取締役にインタビューを敢行し市場の発見やマネジメントの秘訣を聞いた。

起業家精神を実践中心のカリキュラムで学び、大学3年次には実際に起業を経験する日本初の「アントレプレナーシップ学部」が、2021年4月、武蔵野大学の武蔵野キャンパス(東京・西東京市)に開設される。学部長に就任するのは、Yahoo!アカデミア学長として次世代リーダーを育成するほか、ベストセラー作家としても知られる伊藤羊一氏。「アントレプレナーシップ学部」が目指す教育とはどのようなものなのかを追う。

ピアボーナス「Unipos」の立ち上げに携わったFringe81株式会社 COO室マーケティング戦略室室長の柳川小春さんが、人事や管理職に向けて今日から身の回りでできる組織改善のアイデアをお届けする連載です。

「地方企業の問題地図」をテーマに、千葉県のいすみ鉄道を経営危機から救い、現在は新潟県のえちごトキめき鉄道の社長を務めている鳥塚亮氏と、現在浜松市に身を移して組織改革・ワークスタイル変革の専門家として活動している沢渡あまね氏に対談してもらった。

12月に入ってから全国一斉の一時停止が決まるなど混迷を極める「Go Toトラベル」。旅館業界の復興につながっているのか、その妥当性を検証する――。

SNSマーケティング支援を行うホットリンク(東京都千代田区)のインサイドセールス担当として日々業務に努める傍ら、「ヴィジュアル系インサイドセールス」として情報発信を行う堤貴弘さんが、インサイドセールスについて愛をこめてお届けする連載です。インサイドセールス部の立ち上げ経験や、セカンドキャリアとしてインサイドセールスを選んだ経験を生かして解説します。

「Go To Eatキャンペーン」への対応に、大手飲食チェーンも苦慮している。「複雑な仕組み」、地域によって「バラバラな手続き」。問題点はどこにあるのかを探る。

現代は、手を動かして試作品を作る「プロトタイプ」の考え方が奏功し、「まずは手を動かす」人や企業が勝利する時代だ。、“プロトタイプ駆動”によるイノベーションを次々と生み出す場、いわば「プロトタイプ・シティ」が誕生し、力を持つ状況になっている。その代表例が中国の都市・深センだ。中国企業のイノベーションの秘密について新進気鋭の起業家が解説する。

元サッカー日本代表の中田英寿氏とJ-WAVEがコラボした期間限定のレストラン「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」が高輪ゲートウェイ駅前にオープンした。中田氏が厳選した159蔵の銘酒と高級レストランの料理が週替わりで登場する。中田氏は自身の会社「JAPAN CRAFT SAKE COMPANY」を設立し、酒や工芸品などの日本文化の魅力をこれまでに世界に発信してきた。中田氏に、コロナ禍の今だからこそ日本の魅力と文化を発信する意義を聞いた。

アニメ業界には未だに低賃金や長時間労働といった過酷な労働環境がはびこっている。『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』などでキャラクターデザインを担当している西位輝実さんに、業界の実態や問題点を前後編で聞いた。

ミーティング参加者の相互理解を進め、コラボレーションワークを促進させるマネジメントスキルの1つ「ファシリテーション」。しかしファシリテーションはたんなる対話スキルではない。数多くのビジネス研修やセミナー講演を手掛けてきた楠本氏が語る、「組織のファシリテーション」とは?

経済産業研究所前理事長で新潟県立大学教授の中島厚志がアフターコロナ後の日本経済、日本企業の課題を見通す――。

新型コロナウイルスはこれまで企業が取り組んできた「健康経営」にどのような影響を及ぼすのか。“ビフォーコロナ”と“ウィズコロナ”の比較で明らかになった新たな課題とは?

統合型リゾートを巡る現状と今後について、「国内編」と「海外編」の2回にわたりレポートする。

変化の激しいマーケティングの世界。日進月歩での進化が著しいITの力も相まって、これまで以上に担当者はさまざまな知識をアップデートする必要が出てきている。今、マーケティングや消費の現場はどうなっているのか。従来存在している「4P」などの古典的なフレームワークはどう変化しているのか。東京都立大学経済経営学部の水越康介教授が、最新事例なども参照しながら解説していく。

働き方改革や新型コロナに伴うテレワークの導入など、企業を取り巻く環境は変化が絶えない。こうした変化の中心に立つのが「総務」だといっても過言ではないだろう。生産性を高めるためのオフィス作り、非効率的なワークフローの改善、従業員の健康管理……。こうした、新たな時代を生き抜くために企業が抱える課題にかかわり、旗振り役を務めているのが総務なのだ。しかしながら、まだまだ総務業務のデジタル化は進んでいないのが現状だ。本コラムでは、総務部門向け専門誌である『月刊総務』編集長の豊田健一氏が、「総務とDXの今」を中心に、総務から会社を変えていくために担当者が知っておくべきことや考えるべきことを解説していく。

野村克也の卓越した理論と、人間の本質を見抜いた指導法は、野球というスポーツにとどまらず、ビジネスパーソンにとってもリーダーシップや部下育成の方法などの分野で応用可能なものだ。江本孟紀はかつて野村とバッテリーを組み、50年間以上にわたって親交を深めてきた。生前の野村を誰よりも良く知る江本孟紀に、「上司」としての野村がいかなる存在だったかを聞いた。

IT業界の多重下請け構造にはさまざまな問題があるとして、構造改革に取り組んでいるのが情報戦略テクノロジーだ。ソフトウェアの開発において、1次請けから3次請けまでのビジネスを経験してキャリアを築いてきた高井淳社長に日本のIT業界の課題と、同社が取り組む改革について前後編の2回にわたって聞いた。

新聞記者を経て、中国へ留学後、中国に関する経済ニュース等を複数媒体で執筆する筆者が、中国の3大IT企業“BAT”を始めとする企業、ブロックチェーンやビットコイン、フィンテックや信用スコア、AIや5Gなど、中国最新のニューエコノミー情報をお伝えする。【本連載は、2022年10月からITmedia NEWSに移行しました】https://www.itmedia.co.jp/news/series/31765/

『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)』というタイトルのアニメ映画が、東京都内のミニシアターで、2019年9月から劇場を替えつつロングランとなっていた。首都圏だけでなく、大阪、名古屋、札幌など日本各地のミニシアターでも順次上映されており、日本での総観客数はすでに3万人を超えている。ディズニー以外の海外製アニメ、なかでも中国製のアニメ映画が、日本の映画館でこのようなロングランヒットになった例は、これまでにあまり聞いたことがない。ヒットの舞台裏に迫る。

IT起業家として、インターネット黎明期から第一線を走り続けているホリエモンこと堀江貴文。堀江の行動原理はしばしば「多動」とも呼ばれているが、その多動的な行動を支えているのは実はスマートフォンだ。堀江は自身の仕事においてPCはほとんど使わず、スマホを使って多くの関係者とコミュニケーションを取りながら複数のビジネスを回している。連載では今まで語られなかった堀江の“スマホの真実"を数回にわたってお届けする。

自治体が歩み始めたデジタルトランスフォーメーション(DX)の現在をさまざまな事例から見ていく。

ホリエモンこと堀江貴文が創業した北海道大樹町の宇宙ベンチャー、インターステラテクノロジズ。ゼロから試行錯誤し、現社長の稲川貴大など多くのメンバーが加わった結果、民間が開発した液体ロケットで、世界で4番目に宇宙に到達するまでになった。なぜこれから「宇宙ビジネス」が必要となるのか。その舞台裏を追う。

「働き方改革」という言葉が浸透し、日本でもようやく長時間労働などの慣行が見直されつつある。しかし、それでもまだまだ世にブラック企業は根強く存在する。また、あからさまな「ブラック企業」とはいえずとも、「それってどうなの?」と思えるような会社も数多く存在している。本連載では、ブラック企業アナリストとして、数多くの事例を熟知している新田龍氏が、タイムリーな労働問題を中心に、働き方の「今」にメスを入れていく。

新型コロナで大きな影響を受ける企業活動。リーマンショック以来の大不況ともいえる状況になる中で、今まで通り働くことができなくなっている。全国に「緊急事態宣言」が発出された今、万が一に備えて知っておくべき各種支援制度とは? 新田龍氏が解説する。

「朝、店頭に並べない現役世代を尻目にマスクを買いだめする老人」「本当は在庫を隠しているのだろうと店員に食い下がる高齢男性」「列に割り込み、注意した人に暴力を振るう70代男性」……。  今回のコロナ禍では日本全体が緊張感につつまれるなか、一部の高齢者による地域社会でのモラルが皆無な行動に対し、「暴走老人」などといった批判が生まれ、新たな火種となりそうな状況です。医学博士が、50代のうちに「定年後の自分」に早く向き合う必要性を事例とともにお伝えします。

17歳のときに世界一の格闘ゲームの大会「EVO」で優勝したトッププレイヤーの1人である東大卒プロゲーマー「ときど」。彼はいかにしてプロゲーマーになり、現在のeスポーツの課題をどう見ているのか。また、かつて陥っていたスランプをいかにして乗り越えたのか。そこにはビジネスにも通ずる哲学があった――。前後編で迫る。

サンスターの執行役員、日本コカ・コーラの副社長を経て、タカラトミーでは社長として業績をV字回復させた「プロ経営者」であるハロルド・ジョージ・メイ氏は現在、新日本プロレスの社長を務めている。新日本プロレスは2018年度の売上高は過去最高の54億円。19年には米国ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで1万6000人を動員し、20年1月4日・5日には史上初の東京ドーム2日間も成功している。メイ社長に今後の新日本プロレスの戦略や、プロ経営者から見た日本企業の課題を聞いた。

新型肺炎の感染拡大が連日のように報道されている。報道を見れば見るほど、私たち日本人は「中国リスク」を痛感させられているのではないだろうか。本連載では中国ビジネスについての歴史的な経緯をクローズアップ。中国となんらかの関わりを持つ人が事前に知っておくべき教養と、新型肺炎がもたらすリスクについて取り上げていく。

求職者があなたの会社を知り、実際にアプローチするまでにはいくつかの段階を経ることになる。具体的には「求人広告を見る」「インターネットで調べる」「会社説明会やセミナーに参加する」「企業訪問する」「面接を受ける」「内定を得て、入社を待つ」といった流れになるわけだが、その段階別に、求職者目線から「ブラック企業認定ポイント」を検証していき、企業が知らず知らずのうちに「ブラック企業」と思われないような対策を講じるヒントにしてほしい

今年も確定申告の時期が到来した。税金の仕組みは複雑で、「どっちが正解?」と迷うことが少なくない。だが1つ判断を間違うと、税金が高くなってしまうこともある。東京国税局に勤務していた元国税専門官が、こうした確定申告にまつわる迷いやすいポイントを3回に分けて解説していく。

「技術立国ニッポン」が揺らいでいる。経済界を代表する論客の一人である小林喜光・三菱ケミカルホールディングス会長(経済同友会前代表幹事)に、前編では日本の技術の現状と求められる対応策を、後編では大学や企業の研究の在り方を聞いた。

季節商品など、大量の廃棄が出る商品に対して厳しい視線が向けられるようになった。2019年10月には食品ロス削減推進法が施行。製・配・販に携わる事業者は、ロスをなくすための対策を掲げている。食べ物を余らせないようにするサービスなども出てきた。「もったいない」を巡る取り組みに迫る。

2019年に波紋を呼んだ、就活サイトの内定辞退率予測問題。背景には、企業と求職者の間に立ちながら、自らの利益も追い求める民間業者ならではのジレンマが潜んでいます。人手不足で労働市場が活況を帯びる中、人材サービスの存在意義はどこにあり、何が課題なのか? という問いを新卒、転職、派遣の3つから分析します。

国内累計208万部、世界累計485万部の大ヒットを記録している『嫌われる勇気』。続編の『幸せになる勇気』との合計部数は世界で600万部を突破し、21世紀を代表するベストセラーになっている。前編では共著者の1人で、哲学者の岸見一郎氏に、大ヒットの裏側を語ってもらう。後編では、経営者や管理職向けにアドラーの思想を正しく読み解いてもらい、部下をマネジメントする上でのヒントを提示してもらった。

大阪府庁、大阪市庁という巨大組織を率いたリーダー、橋下徹の仕事術――。組織を変革し、停滞の一途をたどっていた大阪を、圧倒的な実行力で立て直してきた橋下の働き方についての考え方に迫る。

第1回のWBCで侍ジャパンを世界一に導いた里崎智也。現役時代から頭脳派捕手として知られ、組織論のスペシャリストでもある里崎は将来、「千葉ロッテマリーンズの社長になりたい」と公言するほど、ビジネスへの感度が高い。そんな里崎に、前編ではスポーツビジネスの観点から、日本のプロ野球ビジネスの「オモテとウラ」を、後編ではビジネスパーソンにも役立つ「チャンスをモノにする思考法」をお伝えする。

鋼のメンタル王・ひろゆきが教える、いつでもどこでもマイペースを貫く、逆転の思考法!

織田信長、豊臣秀吉、明智光秀……。武家の最高位「征夷大将軍」の座を逃した歴史人物に学ぶ組織に生きる現代人に役立つ教訓をお届けする。

SNSは、今や私たちの生活の中に溶け込み必要不可欠な存在となっています。企業側も、マーケティング手法の一環として、情報発信やコミュニケーション醸成に活用するケースが「当たり前」になってきました。一方で、いわゆる「中の人」が存在感を出しすぎたり、消費者との距離感が近すぎたりして「炎上」してしまうケースも出てきています。今、SNS担当者が考えるべきことはどういったことなのでしょうか。 電通メディアイノベーションラボ主任研究員を務め、SNSに詳しい天野彬氏が解説します。

「巨人、大鵬、卵焼き」が流行語となったスター選手ありきの昭和の時代から大きくスポーツを巡る環境は変わり、令和のスポーツには「ビジネス」の視点が不可欠となった。横浜DeNAベイスターズの初代球団社長で、現在はスポーツによる地域活性化などに取り組む一般社団法人さいたまスポーツコミッションの会長を務める池田純氏が、スポーツビジネスの裏側に迫る。

昼は毎日外食、夜は接待に飲み会、朝は時間がなく何も食べない――。健康は気になるけど、毎日忙しく過ごすビジネスパーソンが「規則正しい、理想に近い食生活」を実行するのは不可能に近い。  それでも、できるだけ健康でいるためにはどうしたらよいのか。20年以上活躍する食生活ジャーナリストが「せめてこれだけは実践しよう」という健康情報を近刊『外食もお酒もやめたくない人の「せめてこれだけ」食事術』(ウェッジ)の中からお届けする。

“和牛輸出王”浜田寿人の生き様を通して、最高級の和牛ブランドを世界に広めているWAGYUMAFIAのビジネスモデルに迫る――。

第一線で活躍する気鋭の経営者たちに、経営者が陥りがちな「経営失敗の法則」や難局に直面した際に、いかにして状況を打破していくのか、その要諦を聞く――。

音楽やデータ配信など、ユーザーにとって「お得」と感じられるようなサービスが多かったサブスクリプションサービスが、変容を始めている。単に「〜し放題」といったものから、リアル店舗との連携、ブランディングや、リピーター作りを狙うサービスも続々出ている。乱立するサブスクサービスで、生き残るカギはどこにあるのか。企業の取り組みに迫る。

「いかに効率良く生産性の高い仕事をするか」を求められる多忙なビジネスパーソンにこそ、仕事をサポートしてくれる文具やツールが必要。この連載ではオフィスの定番文具から、ユニークな新商品まで、幅広い情報をお届けします。

かわぐちかいじさんは1968年に21歳で漫画家デビューして以来、70年代からヒットを連発し、休むことなく作品を世に出し続けてきた日本を代表する漫画家の1人だ。『空母いぶき』を初めとしたヒット作品をいかにして生み出していったか、その舞台裏に迫る。

24時間営業という“鉄則”の崩壊をはじめコンビニ業界が大転換を迎えようとしている。きっかけはオーナーたちの“反乱”だ。現場取材とデータ分析からその真相に迫る。

かつて「名人」と呼ばれた男がいたことを覚えているだろうか――。ハドソンの広報・宣伝マンを務め、「16連射」で名高い高橋名人だ。日本のeスポーツの課題は何か。札幌のスーパーの一店員だった青年はいかにして高橋名人になったのか。「16連射」誕生秘話、「ゲームは1日1時間」という言葉のきっかけ……。ゲーム業界の最重要人物の仕事観と哲学に前中後編で迫る。

「日本一ユニクロを買っているユニクロ研究家」を名乗る人気ファッションプロデューサーMBが、アパレルビジネスの未来を語りつくす――。

「日本一ユニクロを買っているユニクロ研究家」を名乗る人気ファッションプロデューサーMBが、アパレル業界の未来を語りつくす――。

「新人を早く一人前に育てたい」「でも懇切丁寧に教える時間はない」というジレンマは、多くの指導者が抱える悩みだ。若手社員が入社数年で退職・転職することで、各企業は人手不足に悩み、新人教育の課題がこれまで以上に深刻になりつつある。ソフトバンクで2万人の社員教育に関わった人材育成のプロが、全5回にわたってその処方箋を提示する。

人手不足への対応、多様な決済手段への対応、顧客の利便性向上(レジ待ちのイライラ減少など)を目的として、「無人」や「省人」要素を打ち出したお店が増えている。先進的な実験店などを取材し、導入の狙いを探る。

累計発行部数5000万部を超える漫画『ろくでなしBLUES』、野球漫画『ROOKIES』、お笑いを題材にした『べしゃり暮らし』作者である作者の森田まさのり氏の仕事哲学に迫る――。

全世界で5000万人以上が遊ぶeスポーツ「モンスターストライク」――。日本では法律の壁などもあり、高額賞金が難しいとされる中、「モンストグランプリ2019 アジアチャンピオンシップ」は、国内初の賞金総額1億円の大会となった。今後、日本のeスポーツが盛り上がりを見せていくためにはどうすべきなのか。大会の運営責任者、ミクシィの田村征也執行役員にその戦略やビジョンを聞いた。

地域経済の活性化を目指して、各地域固有の強みを生かす取り組みが進んでいる。しかし、企業や個人の努力だけが成否を分ける要因ではない。人口減少が進む中で、制度化や連携は欠かせない。地域活性化の成否を左右するキーワードに迫る。

本当にそれは必要ですか? 経営者としての「ホリエモン流」人生哲学。ビジネスにまつわる「捨てる」ことの意義を、3回に分けて紹介していく。

みそカツ、手羽先、ひつまぶしなど、さまざまな個性で全国に知れわたる「名古屋めし」。その文化的背景は奥深い。名古屋めしの看板メニューを引っ提げて全国区となった企業も多い。全国の“壁”を越えた企業にはどのような戦略があるのか。その強さに迫る。

村上世彰はなぜN高で金融教育に取り組んでいるのか。若い時からお金と向き合う意義に迫るとともに村上氏の授業の内容をお届けする。

インバウンド需要など日本にとって重要で、でも一筋縄ではいかない中国マーケット。独自データ分析やルポからそのメカニズムに迫る。

再開発が加速する東京。目まぐるしく時代が移り変わっても、ずっと残ってきたものにはどんな背景があるだろうか。ときには姿を変え、ときには古いものを守りながら、新しい時代を迎えた街や建物のストーリーと、将来への戦略を探る。

サイボウズ チームワーク総研とスコラ・コンサルタントによる共同連載。組織の生産性を上げる「楽しさ」の仕組みづくりをテーマに具体的な事例を交えながら紹介。

日本企業は生産性や付加価値が低いと言われ続けている。気鋭の「硬派経済ジャーナリスト」が日本企業が生き残るために必要な施策を提言する。

不景気と男社会の悪影響を受けたロスジェネ世代の女性。働き方改革やセクハラ対策も浸透していない時代でキャリアを重ねた彼女たちの苦闘を追う。

ベテラン人事ジャーナリストの溝上憲文が、刻々と変化する時事問題をひも解き、「経営者が対応すべき施策」について具体的に提言する。

東京2020パラリンピックまで1年を切った。浮かび上がるのは超高齢社会・日本が抱えるさまざまな課題だ。選手や障がいのある人たちの思いを聞き、パラリンピックを取り巻く企業や人、行政の在り方を考えることによって「未来の日本」を見通す――。

いま豪華な客船による船旅、いわゆる“クルーズ”に対する関心が高まっている。こうした国内クルーズ市場の変化は、観光立国を標ぼうする日本政府の事業として、訪日外国人を増やそうとする流れも影響している。その一方で、客船寄港誘致に対する批判的な反応も目立つようになった。現場で何が起きているのか。クルーズビジネスの最前線に迫る。

2027年の開業を目指しJR東海によって建設が進められているリニア中央新幹線だが、静岡県が大井川の減水問題などを理由に、リニアの建設工事に「待った」をかけ続けている。JR東海と静岡県の「対立の真相」を追う――。

消費増税で「価格」への注目度が高まっている。原材料費高騰や人手不足などの課題が山積する中、値決めは経営を左右する重要な要素。技術革新によって、需給に応じた変動価格を新たに導入する業界も増えている。値決めの最新事情とは?

フリーランス、副業・兼業など個人が柔軟に働き方を選べる時代。企業は必要な人材をどう確保し、活用していけばいいのか。すでに新時代の人材活用に取り組んでいる企業から、そのコツを学んでみよう。

ホリエモンこと堀江貴文が「予防医療」の必要性と意義を語る――。

GEの経営幹部育成プログラム担当などを歴任した著者が「世界基準の部下育成法」をレクチャーします(本連載は『世界基準の「部下の育て方」 「モチベーション」から「エンゲージメント」へ』の中から一部抜粋し、転載したものです。)

いま話題のツール群にフォーカスを当てつつ、これらをどう活用して先行企業らが業務改善に役立てているのかを紹介する。

アニメ・映画報道の第一人者、数土直志氏が、劇的な変化を遂げつつあるアニメビジネスの最前線を斬ります。

ビジネスパーソンには、会議資料やプレゼンスライドの作成スキルが欠かせない。しかし「いつも似たような資料になってしまう」「なんだか見づらいけど、どう直せばいいか分からない……」といった悩みを抱えている人も多いのではないだろうか。この連載では、会議前の5分ほどでできる資料のブラッシュアップ方法を、デザインのプロが解説する。

病気になった人やその周囲を取り巻くストーリーを届ける連載。病と仕事にまつわる実態を丹念に取り上げ、その一つ一つに向き合っていく。

日本の芸能史を変えてきた男たちに学ぶ仕事術と人材育成術を前・中・後編の3回に分けてお届けする。

成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。

作家・池澤夏樹の重要な作品テーマの1つ、「科学」。池澤氏は「科学」の視点から小説、日本社会、そして人類の未来をどう見通してきたのか。前・中・後編3回のインタビューによってひも解く。

今年も「土用の丑の日」がやってくる――。長年にわたってウナギを初めとした資源管理政策を研究してきた気鋭の研究者が、業界の闇に切り込む3回シリーズ。

『ジャンプ』伝説の編集長、マシリトこと鳥嶋和彦氏がさまざまな著名人に会いに行き、語り合う――。

令和が「ネット時代」になることは必至だ――。その礎となる、平成ネット史の最重要人物が『2ちゃんねる』と『ニコニコ動画』を作り上げた「ひろゆき」こと西村博之氏だろう。卓越した知見で生き抜いてきたひろゆき氏に、独占でインタビューし、その仕事哲学を聞いた。フリーランスに向く人、会社員に向く人、学歴、新卒一括採用、働き方改革、オリンピック後の日本、海外進出の必要性……など、多岐にわたる示唆に富んだ至言の数々を余すところなくお届けする。

キングコングの西野亮廣――。会員数2万5000人を誇る国内最大のオンラインサロンのオーナーでもある彼が、何を考えて働いているかを聞いた。

会議に集まったはいいが、“棒読み”な議案に集中できなかったり、参加者が内職や居眠りをしていたりしないだろうか。この連載では、そんなダメ会議から脱却するために押さえるべき「4つのフェーズ」と「8つの基本動作」を紹介する。

米国に次ぐ世界第二の経済体となった中国。図体の大きさだけではなく、画期的なイノベーションを生み出すなど、創造力の面でも今や世界をリードする存在だ。10年前は「遅れた途上国」だった中国が、なぜ瞬く間に「S級国家」へと変貌したのか。長年中国と関わり続けている気鋭の論者たちが分析する。

宿題もなく、クラス担任もなく、中間・期末試験もない――。学校の「当たり前」を見直し、メディアや教育関係者、保護者などから注目されている千代田区立麹町中学校の工藤勇一校長に、3回に分けてその真意を語ってもらった。

ひろゆきこと西村博之氏が、令和時代を迎える日本が今後どんなふうにヤバくなるのか、沈みゆく日本で生き抜くためにはどうしたらいいのかを3回にわたって提言する。

ひろゆきこと西村博之氏が、令和時代を迎える日本が今後どんなふうにヤバくなるのか、沈みゆく日本で生き抜くためにはどうしたらいいのかを3回にわたって提言する。

新元号「令和(れいわ)」の典拠である『万葉集』――。万葉集研究の大家である中西進氏がその魅力を語る。

ブラック企業からいかにして自分の身を守るのか――。ベテラン人事ジャーナリストの溝上憲文が、「働き方改革関連法」を使った「自己防衛術」を、具体的かつ詳細にお届けする。

自分の身は自分で守るしかない――。2019年4月施行の「働き方改革関連法」を使った具体的な自己防衛術を、人事ジャーナリストのが溝上憲文がお届けする。

ゴーンという人物は日本の企業社会において何者だったのか――。長きにわたって日産とゴーンを追い続けてきた「第一人者」に、“怪物”が生まれた真因について直撃した。

皆さんは資産運用をしていますか? 投資とか資産運用なんてお金持ちだけの話……というのは今は昔。自分で資産運用を行って老後の資金を貯めていくよう、社会も変わってきています。でも、資産運用なんて考えたこともない。そんな人に向けて、どう考えて資産運用に取り組んだらいいかの連載がスタートしました。

人口8万人ほどの愛知県蒲郡市にある竹島水族館は、お金なし、知名度なし、人気生物なしという、いわゆる弱小水族館だ。だが、条件面だけ見れば「しょぼい」としか言いようのないこの水族館は、わずか8年前は12万人だった来場者数を40万人まで「V字回復」させた。その理由はどこにあるのか。個性集団とも言える飼育員たちの「チームワーク」と「仕事観」に迫り、組織活性化のヒントを探る――。

完璧な人間はいない――。だが、仕事も私生活も充実させ、鮮やかにキャリアを築く「女性リーダー」は確実に増えてきた。企業社会の第一線で活躍する女性たちの素顔に迫り、「女性活躍」のリアルを探る。

完璧な人間はいない――。だが、仕事も私生活も充実させ、鮮やかにキャリアを築く「女性リーダー」は確実に増えてきた。企業社会の第一線で活躍する女性たちの素顔に迫り、「女性活躍」のリアルを探る。

会社の常識は社会の非常識――。 働き方改革関連法が可決・成立し、今後は大企業だけでなく中小企業にも具体的な対応が求められます。本連載では、企業の人事担当者が押さえておくべき「働き方改革」のキーワードをピックアップし、用語の概念とその対策方法を、労働問題を扱う新進気鋭の弁護士が解説します。

会社の常識は社会の非常識――。 働き方改革関連法が可決・成立し、今後は大企業だけでなく中小企業にも具体的な対応が求められます。本連載では、企業の人事担当者が押さえておくべき「働き方改革」のキーワードを10個ピックアップし、用語の概念とその対策方法を新進気鋭の弁護士が解説します。

「定年後」をどう生きるのか――。 「人生100年時代」が到来する中、定年直前になってからリタイア準備を始めるのでは遅い。生涯現役を貫くために、定年後を見据えて「攻めの50代」をいかに過ごすか。新天地を求めてキャリアチェンジした「熱きシニアたち」の転機(ターニングポイント)に迫る。

長時間労働やセクハラ・パワハラといった労働問題が世間を騒がせるようになって久しい。にもかかわらず、こうした問題が横行する“ブラック企業”はなぜなくならないのだろうか。労働問題の背景には何があるのだろうか。 本連載では、日本企業の労働問題に精通し、企業の労働環境改善に向けたコンサルティングなどを手掛ける“ブラック企業アナリスト”こと新田龍氏が、企業体質や法律などの観点から、タイムリーな労働問題の要因を分析する。

「ジジイ」とは、自分の“保身”のためだけに権力を使う人の象徴だ。ある世代を指しているわけではなく、男性だけに限っているわけでもない。若者にも女性にも「ジジイ」はいる。そんな人たちが、多様性を許さない不寛容な職場や社会を形作っている。健康社会学者の河合薫氏が、社会にはびこる「ジジイの壁」に切り込む。

ITmedia ビジネスオンライン編集部の若手記者が、あなたのビジネスにきっと役立つ1冊や、注目の話題書を毎週おすすめします。

あの外食企業はなぜ急成長しているのか。注目企業の商品開発、マーケティング戦略の裏側をジャーナリストの長浜淳之介氏が解説する。

全国各地の鉄道路線を乗り歩く鉄道ライター、杉山淳一氏が、注目の鉄道ビジネスを独自の視点で解説する人気連載。

「情報操作(スピンコントロール)」というと日本ではネガティブなイメージが強いが、ビジネスにおいて自社の商品やサービスの優位性を顧客や社会に伝えるのは当然だ。裏を返せばヒットしている商品や成功している企業は「スピン」がうまく機能をしている、と言えるのかもしれない。

普段何気なく接している経済情報、企業のプロモーション、PRにいったいどのような狙いや緻密な戦略があるのか。本連載では、さまざまな「スピン」に迫る。
※こちらのページには2015年7月以降の記事を掲載しております。
それより前に掲載された記事にをご覧になりたい方は「 2015年6月以前の記事一覧 」をご覧ください。

世の中には「?」が溢れている。なぜ売れているのか、なぜ話題になっているのか、なぜ行列ができているのか――。こうした疑問を解くために、編集部の土肥義則がキーマンに直接アタック! 難しい話はやわらかく、やわらかい話は真面目に、対談形式で紹介する。
※こちらのページには2015年7月以降の記事を掲載しております。
それより前に掲載された記事にをご覧になりたい方は「 2015年6月以前の記事一覧 」をご覧ください。

クルマのメカニズムと開発思想や社会情勢の結びつきに着目して執筆活動を行う池田直渡氏の人気連載。
※こちらのページには2015年7月以降の記事を掲載しております。
それより前に掲載された記事にをご覧になりたい方は「 2015年6月以前の記事一覧 」をご覧ください。

野球、サッカー、相撲――。スポーツに関する情報は溢れるように流れてくるが、私たちはその裏をどのように読み取ればいいのか。本連載では、スポーツライターの臼北信行氏が取材活動のなかで手にした情報をベースに、いま話題になっている“問題”について切り刻んでいく。
※こちらのページには2015年7月以降の記事を掲載しております。
それより前に掲載された記事にをご覧になりたい方は「 2015年6月以前の記事一覧 」をご覧ください。

※こちらのページには2015年7月以降の記事を掲載しております。
それより前に掲載された記事にをご覧になりたい方は「 2015年6月以前の記事一覧 」をご覧ください。