連載一覧

再開発が加速する東京。目まぐるしく時代が移り変わっても、ずっと残ってきたものにはどんな背景があるだろうか。ときには姿を変え、ときには古いものを守りながら、新しい時代を迎えた街や建物のストーリーと、将来への戦略を探る。

サイボウズ チームワーク総研とスコラ・コンサルタントによる共同連載。組織の生産性を上げる「楽しさ」の仕組みづくりをテーマに具体的な事例を交えながら紹介。

日本企業は生産性や付加価値が低いと言われ続けている。「硬派経済ジャーナリスト」の筆者が日本企業が生き残るためにに必要な施策を提言する。

不景気と男社会の悪影響を受けたロスジェネ世代の女性。働き方改革やセクハラ対策も浸透していない時代でキャリアを重ねた彼女たちの苦闘を追う。

ベテラン人事ジャーナリストの溝上憲文が、刻々と変化する時事問題をひも解き、「経営者が対応すべき施策」について具体的に提言する。

東京2020パラリンピックまで1年を切った。浮かび上がるのは超高齢社会・日本が抱えるさまざまな課題だ。選手や障がいのある人たちの思いを聞き、パラリンピックを取り巻く企業や人、行政の在り方を考えることによって「未来の日本」を見通す――。

いま豪華な客船による船旅、いわゆる“クルーズ”に対する関心が高まっている。こうした国内クルーズ市場の変化は、観光立国を標ぼうする日本政府の事業として、訪日外国人を増やそうとする流れも影響している。その一方で、客船寄港誘致に対する批判的な反応も目立つようになった。現場で何が起きているのか。クルーズビジネスの最前線に迫る。

2027年の開業を目指しJR東海によって建設が進められているリニア中央新幹線だが、静岡県が大井川の減水問題などを理由に、リニアの建設工事に「待った」をかけ続けている。JR東海と静岡県の「対立の真相」を追う――。

消費増税で「価格」への注目度が高まっている。原材料費高騰や人手不足などの課題が山積する中、値決めは経営を左右する重要な要素。技術革新によって、需給に応じた変動価格を新たに導入する業界も増えている。値決めの最新事情とは?

フリーランス、副業・兼業など個人が柔軟に働き方を選べる時代。企業は必要な人材をどう確保し、活用していけばいいのか。すでに新時代の人材活用に取り組んでいる企業から、そのコツを学んでみよう。

ホリエモンこと堀江貴文が「予防医療」の必要性と意義を語る――。

GEの経営幹部育成プログラム担当などを歴任した著者が「世界基準の部下育成法」をレクチャーします(本連載は『世界基準の「部下の育て方」 「モチベーション」から「エンゲージメント」へ』の中から一部抜粋し、転載したものです。)

いま話題のツール群にフォーカスを当てつつ、これらをどう活用して先行企業らが業務改善に役立てているのかを紹介する。

アニメ・映画報道の第一人者、数土直志氏が、劇的な変化を遂げつつあるアニメビジネスの最前線を斬ります。

ビジネスパーソンには、会議資料やプレゼンスライドの作成スキルが欠かせない。しかし「いつも似たような資料になってしまう」「なんだか見づらいけど、どう直せばいいか分からない……」といった悩みを抱えている人も多いのではないだろうか。この連載では、会議前の5分ほどでできる資料のブラッシュアップ方法を、デザインのプロが解説する。

病気になった人やその周囲を取り巻くストーリーを届ける連載。病と仕事にまつわる実態を丹念に取り上げ、その一つ一つに向き合っていく。

日本の芸能史を変えてきた男たちに学ぶ仕事術と人材育成術を前・中・後編の3回に分けてお届けする。

成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。

作家・池澤夏樹の重要な作品テーマの1つ、「科学」。池澤氏は「科学」の視点から小説、日本社会、そして人類の未来をどう見通してきたのか。前・中・後編3回のインタビューによってひも解く。

今年も「土用の丑の日」がやってくる――。長年にわたってウナギを初めとした資源管理政策を研究してきた気鋭の研究者が、業界の闇に切り込む3回シリーズ。

『ジャンプ』伝説の編集長、マシリトこと鳥嶋和彦氏がさまざまな著名人に会いに行き、語り合う――。

令和が「ネット時代」になることは必至だ――。その礎となる、平成ネット史の最重要人物が『2ちゃんねる』と『ニコニコ動画』を作り上げた「ひろゆき」こと西村博之氏だろう。卓越した知見で生き抜いてきたひろゆき氏に、独占でインタビューし、その仕事哲学を聞いた。フリーランスに向く人、会社員に向く人、学歴、新卒一括採用、働き方改革、オリンピック後の日本、海外進出の必要性……など、多岐にわたる示唆に富んだ至言の数々を余すところなくお届けする。

キングコングの西野亮廣――。会員数2万5000人を誇る国内最大のオンラインサロンのオーナーでもある彼が、何を考えて働いているかを聞いた。

会議に集まったはいいが、“棒読み”な議案に集中できなかったり、参加者が内職や居眠りをしていたりしないだろうか。この連載では、そんなダメ会議から脱却するために押さえるべき「4つのフェーズ」と「8つの基本動作」を紹介する。

米国に次ぐ世界第二の経済体となった中国。図体の大きさだけではなく、画期的なイノベーションを生み出すなど、創造力の面でも今や世界をリードする存在だ。10年前は「遅れた途上国」だった中国が、なぜ瞬く間に「S級国家」へと変貌したのか。長年中国と関わり続けている気鋭の論者たちが分析する。

宿題もなく、クラス担任もなく、中間・期末試験もない――。学校の「当たり前」を見直し、メディアや教育関係者、保護者などから注目されている千代田区立麹町中学校の工藤勇一校長に、3回に分けてその真意を語ってもらった。

ひろゆきこと西村博之氏が、令和時代を迎える日本が今後どんなふうにヤバくなるのか、沈みゆく日本で生き抜くためにはどうしたらいいのかを3回にわたって提言する。

ひろゆきこと西村博之氏が、令和時代を迎える日本が今後どんなふうにヤバくなるのか、沈みゆく日本で生き抜くためにはどうしたらいいのかを3回にわたって提言する。

新元号「令和(れいわ)」の典拠である『万葉集』――。万葉集研究の大家である中西進氏がその魅力を語る。

ブラック企業からいかにして自分の身を守るのか――。ベテラン人事ジャーナリストの溝上憲文が、「働き方改革関連法」を使った「自己防衛術」を、具体的かつ詳細にお届けする。

自分の身は自分で守るしかない――。2019年4月施行の「働き方改革関連法」を使った具体的な自己防衛術を、人事ジャーナリストのが溝上憲文がお届けする。

ゴーンという人物は日本の企業社会において何者だったのか――。長きにわたって日産とゴーンを追い続けてきた「第一人者」に、“怪物”が生まれた真因について直撃した。

皆さんは資産運用をしていますか? 投資とか資産運用なんてお金持ちだけの話……というのは今は昔。自分で資産運用を行って老後の資金を貯めていくよう、社会も変わってきています。でも、資産運用なんて考えたこともない。そんな人に向けて、どう考えて資産運用に取り組んだらいいかの連載がスタートしました。

人口8万人ほどの愛知県蒲郡市にある竹島水族館は、お金なし、知名度なし、人気生物なしという、いわゆる弱小水族館だ。だが、条件面だけ見れば「しょぼい」としか言いようのないこの水族館は、わずか8年前は12万人だった来場者数を40万人まで「V字回復」させた。その理由はどこにあるのか。個性集団とも言える飼育員たちの「チームワーク」と「仕事観」に迫り、組織活性化のヒントを探る――。

完璧な人間はいない――。だが、仕事も私生活も充実させ、鮮やかにキャリアを築く「女性リーダー」は確実に増えてきた。企業社会の第一線で活躍する女性たちの素顔に迫り、「女性活躍」のリアルを探る。

完璧な人間はいない――。だが、仕事も私生活も充実させ、鮮やかにキャリアを築く「女性リーダー」は確実に増えてきた。企業社会の第一線で活躍する女性たちの素顔に迫り、「女性活躍」のリアルを探る。

会社の常識は社会の非常識――。 働き方改革関連法が可決・成立し、今後は大企業だけでなく中小企業にも具体的な対応が求められます。本連載では、企業の人事担当者が押さえておくべき「働き方改革」のキーワードをピックアップし、用語の概念とその対策方法を、労働問題を扱う新進気鋭の弁護士が解説します。

会社の常識は社会の非常識――。 働き方改革関連法が可決・成立し、今後は大企業だけでなく中小企業にも具体的な対応が求められます。本連載では、企業の人事担当者が押さえておくべき「働き方改革」のキーワードを10個ピックアップし、用語の概念とその対策方法を新進気鋭の弁護士が解説します。

「定年後」をどう生きるのか――。 「人生100年時代」が到来する中、定年直前になってからリタイア準備を始めるのでは遅い。生涯現役を貫くために、定年後を見据えて「攻めの50代」をいかに過ごすか。新天地を求めてキャリアチェンジした「熱きシニアたち」の転機(ターニングポイント)に迫る。

長時間労働やセクハラ・パワハラといった労働問題が世間を騒がせるようになって久しい。にもかかわらず、こうした問題が横行する“ブラック企業”はなぜなくならないのだろうか。労働問題の背景には何があるのだろうか。 本連載では、日本企業の労働問題に精通し、企業の労働環境改善に向けたコンサルティングなどを手掛ける“ブラック企業アナリスト”こと新田龍氏が、企業体質や法律などの観点から、タイムリーな労働問題の要因を分析する。

「ジジイ」とは、自分の“保身”のためだけに権力を使う人の象徴だ。ある世代を指しているわけではなく、男性だけに限っているわけでもない。若者にも女性にも「ジジイ」はいる。そんな人たちが、多様性を許さない不寛容な職場や社会を形作っている。健康社会学者の河合薫氏が、社会にはびこる「ジジイの壁」に切り込む。

ITmedia ビジネスオンライン編集部の若手記者が、あなたのビジネスにきっと役立つ1冊や、注目の話題書を毎週おすすめします。

あの外食企業はなぜ急成長しているのか。注目企業の商品開発、マーケティング戦略の裏側をジャーナリストの長浜淳之介氏が解説する。

全国各地の鉄道路線を乗り歩く鉄道ライター、杉山淳一氏が、注目の鉄道ビジネスを独自の視点で解説する人気連載。

「情報操作(スピンコントロール)」というと日本ではネガティブなイメージが強いが、ビジネスにおいて自社の商品やサービスの優位性を顧客や社会に伝えるのは当然だ。裏を返せばヒットしている商品や成功している企業は「スピン」がうまく機能をしている、と言えるのかもしれない。

普段何気なく接している経済情報、企業のプロモーション、PRにいったいどのような狙いや緻密な戦略があるのか。本連載では、さまざまな「スピン」に迫る。
※こちらのページには2015年7月以降の記事を掲載しております。
それより前に掲載された記事にをご覧になりたい方は「 2015年6月以前の記事一覧 」をご覧ください。

世の中には「?」が溢れている。なぜ売れているのか、なぜ話題になっているのか、なぜ行列ができているのか――。こうした疑問を解くために、編集部の土肥義則がキーマンに直接アタック! 難しい話はやわらかく、やわらかい話は真面目に、対談形式で紹介する。
※こちらのページには2015年7月以降の記事を掲載しております。
それより前に掲載された記事にをご覧になりたい方は「 2015年6月以前の記事一覧 」をご覧ください。

クルマのメカニズムと開発思想や社会情勢の結びつきに着目して執筆活動を行う池田直渡氏の人気連載。
※こちらのページには2015年7月以降の記事を掲載しております。
それより前に掲載された記事にをご覧になりたい方は「 2015年6月以前の記事一覧 」をご覧ください。

野球、サッカー、相撲――。スポーツに関する情報は溢れるように流れてくるが、私たちはその裏をどのように読み取ればいいのか。本連載では、スポーツライターの臼北信行氏が取材活動のなかで手にした情報をベースに、いま話題になっている“問題”について切り刻んでいく。
※こちらのページには2015年7月以降の記事を掲載しております。
それより前に掲載された記事にをご覧になりたい方は「 2015年6月以前の記事一覧 」をご覧ください。

※こちらのページには2015年7月以降の記事を掲載しております。
それより前に掲載された記事にをご覧になりたい方は「 2015年6月以前の記事一覧 」をご覧ください。

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間