がっかりしないDX 小売業の新時代

「がっかりしないDX 小売業の新時代」の連載記事一覧です。

がっかりしないDX 小売業の新時代:

セルフレジに複数人の店員が常駐する日本のスーパーマーケット。米国では日本より少ない人員でスムーズに運用できている店舗が大半だ。両者の違いは一体、どこにあるのか――。

[郡司昇, ITmedia] ()
がっかりしないDX 小売業の新時代:

レジ業務にかかる人手を減らすセルフレジ。一方で、使い勝手が悪く、現場の人手を返って増やすセルフレジも多い。顧客体験を向上し、現場の負荷を減らすセルフレジの在り方とは――。

[郡司昇, ITmedia] ()
がっかりしないDX 小売業の新時代:

小売店舗において、レジ作業を見直せば「ついで買い」を促し、大幅な売り上げ増につながるケースもある。そんなレジの在り方について、小売大手Walmartの先進事例などを交えて紹介する。

[郡司昇, ITmedia] ()
がっかりしないDX 小売業の新時代:

陳列棚の前面につけるコンパクトなデジタルサイネージ「シェルフサイネージ」。実は使い方次第で失敗にもつながる。シェルフサイネージの効果的な使い方とは?

[郡司昇, ITmedia] ()
がっかりしないDX 小売業の新時代:

小売業がメディアを運営することで広告収益へとつなげていく「リテールメディア」。米国の小売企業の取り組みを真似するだけでは、成果は得られないと筆者は指摘する。リテールメディアを成功させるために押さえておくべきポイントとは――。

[郡司昇, ITmedia] ()
がっかりしないDX 小売業の新時代:

近年、日本でも小売業者やメーカーが注目する「リテールメディア」。成功する米小売り大手のモデルを模倣するだけでは、成功は難しいと筆者は指摘する。なぜ模倣だけではリテールメディアは成功しないのか――。

[郡司昇, ITmedia] ()
がっかりしないDX 小売業の新時代:

ECで購入した商品を店舗で受け取るBOPIS。米小売大手ウォルマートが先駆けて導入し、日本の小売業でも注目を集めています。今回は、9月に筆者が小売視察で訪れた米ニューヨークのBOPISの最新動向を紹介します。

[郡司昇, ITmedia] ()
がっかりしないDX 小売業の新時代:

大手の食品小売業ではここ数年、1万坪級に及ぶネットスーパー専用の大型配送センターを開設する動きが顕著になっています。海外には、ネットスーパー専用の大型センターやEC運営の先行事例があります。国内の小売企業がEC運営を成功させるために、海外の事例から押さえておくべきポイントを探ります。

[郡司昇, ITmedia] ()
がっかりしないDX 小売業の新時代:

店舗在庫利用型ネットスーパーの成功に必要な4つの視点〜同じ商品をヤマダさんがピックアップしてサトウさんが品出しする非効率

[郡司昇, ITmedia] ()
がっかりしないDX 小売業の新時代:

小売業のDXを図る上で在庫管理におけるデータの活用は欠かせない。ウォルマートの事例から、日本の小売業の成長に必要な要素を浮き彫りにする。

[郡司昇, ITmedia] ()
がっかりしないDX 小売業の新時代:

なぜ、巨大な店で従業員がダラダラ働いている米国の大手小売業が、キビキビ働いている日本の小売業より生産性が高く成長し続けているのか――長年、小売業のDX支援を手掛けてきた郡司昇氏が解説する。

[郡司昇, ITmedia] ()