繁盛店から読み解くマーケティングトレンド

「繁盛店から読み解くマーケティングトレンド」の連載記事一覧です。

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:

無印良品が4月、東京・銀座に大型店舗オープン。集客で好調なスタートを切った。高級百貨店ひしめく中で存在感を増す理由とは?

【岩崎剛幸 , ITmedia】()
繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:

今夏はやりそうなトレンド「日傘男子」。猛暑が理由の1つだが以前に普及しなかった経緯も。流行を生み出すポイントとは?

【岩崎剛幸 , ITmedia】()
繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:

奈良に「希望者はいつでも代金無料」というトンカツ店がある。純粋な社会貢献で取り組む同店が繁盛する秘密とは?

【岩崎剛幸 , ITmedia】()
繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:

新たに開業した「東京ミッドタウン日比谷」によって、東京・日比谷は今にぎわいを見せている。世間の関心はこちらに集まっているが、筆者が注目しているのは、そのはす向かいにある施設だという……。

【岩崎剛幸 , ITmedia】()
繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:

AIを活用した最先端のコンビニ「アマゾン・ゴー」が話題です。今後このような無人店舗は当たり前の小売り業態となっているでしょう。しかし、もっと別の切り口が小売業の未来には必要だと思っています。

【岩崎剛幸 , ITmedia】()
繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:

人気急上昇中のイースト東京エリア、その中心的な街とも言える上野・御徒町に新しい「パルコ」が11月4日にオープンしました。これまでのパルコと何が違うのか? 店づくりの特徴からこれからの消費トレンドを探ります。

【岩崎剛幸 , ITmedia】()
繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:

日本の食品スーパーマーケット業界が転換期に差し掛かっています。今や単に食品を販売するだけでは消費者も物足りなくなり始め、新たな業態に変革しなければならない時代に突入しました。その切り口の1つが「グローサラント」です。どのようなものでしょうか?

【岩崎剛幸 , ITmedia】()
繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:

日本の暑い夏に働くビジネスパーソンの間で「クールビズ」という考え方はすっかり定着しました。そんな中でクールビズファッションはさらに進化し、くるぶしを出すスタイルが今注目されています。

【岩崎剛幸 , ITmedia】()
繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:

東京・銀座6丁目にオープンしたばかりの「GINZA SIX(ギンザ シックス)」。さっそく大行列ができるなど、早くも人気の商業施設になりそうです。実はギンザ シックスにはほかの商業施設にはない特徴がいくつかあるのです。

【岩崎剛幸 , ITmedia】()
繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:

今、米国・サンフランシスコで人気のある、ビジネスマンなどにサラダを売るファストフード店をご存じでしょうか? 実は「ロボットレストラン」として話題を集めているのです。ここから日本の小売業の未来が見えてきました。

【岩崎剛幸 , ITmedia】()
繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:

11月22日、中目黒駅の高架下に新たな商業施設「中目黒高架下」がグランドオープンしました。このところ盛り上がりを見せている「ナカメ」に誕生したこのショッピングセンターは一体どんな特徴があるのでしょうか?

【岩崎剛幸 , ITmedia】()
繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:

出版不況が叫ばれて久しいですが、昨今、店に本を置くアパレルショップや雑貨屋、カフェなどが増えています。そして、それらは共通して繁盛しているというのです。その理由を探ります。

【岩崎剛幸 , ITmedia】()
繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:

消費者の目が厳しくなった今、単に安くて良いものが買えるというだけでは繁盛店にはなりません。そうした中、昨年12月に開業したばかりの東京・浅草の商業施設は、なぜ連日のように大勢の人たちで賑わっているのでしょうか。その理由を探ります。

【岩崎剛幸 , ITmedia】()
新連載・繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:

平均単価は約5万円、中には15万円を超えるランドセルも。数年前から小学生向けランドセルの高価格化が進んでいます。そしてまた、値段が高くても売れているのです。その背景にはどのような消費トレンドがあるのでしょうか。

【岩崎剛幸 , ITmedia】()

Digital Business Days

- PR -
アクセスランキング
  • 本日
  • 週間