元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」

「元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」」の連載記事一覧です。

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:

スペースコロニーなどガンダム世界のSFが現実味を帯びてきた。例えばハロが誤動作したら誰が責任を取る? 社会科学の見地からリアルに分析。

【鈴木卓実 , ITmedia】()
元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:

宇宙世紀ではニュータイプなどの才能が活躍。ただ、ギレン・ザビはじめ必ずしも天才が生き残れる訳ではない。真に必要な“スキル”とは?

【鈴木卓実 , ITmedia】()
元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:

赤い彗星・シャアの再来と呼ばれるフル・フロンタル。月やコロニーでブロック経済を形成する「サイド共栄圏」を目指した。意外なその実現可能性と、末路は?

【鈴木卓実 , ITmedia】()
元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:

ネオ・ジオンの若き指導者、ハマーン・カーン。彼女は組織運営にいかに成功し、そして失墜したのか。人口動態やガバナンスの観点から探る。

【鈴木卓実 , ITmedia】()
元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:

ガンダムの世界において、地球連邦軍とジオン軍は、同じ軍隊という組織でありながら、パイロットの評価も昇進の早さもまるで違う。“赤い彗星”の異名を持つジオン軍のエース、シャア・アズナブルはなぜスピード出世できたのだろうか。

【鈴木卓実 , ITmedia】()
元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:

前回に続き、ガンダムの世界に登場するジオン公国とその系譜を題材に「国力」について考察する。まずは、ジオンの資源から見ていこう。

【鈴木卓実 , ITmedia】()
元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:

我々はしばしば「国力」という言葉を使う。国力とは、GDPといったフローの経済指標だけでは測れず、保有する資源や資産というストックも含めた、広い概念なのだ。そこで今回は、ガンダム作品の敵役であるジオンとその系譜を題材に、国力について考察する。

【鈴木卓実 , ITmedia】()
元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:

「機動戦士ガンダム」に登場するセイラ・マスは、かつて医学の道を目指していたが、後に投資で活躍していることが明らかになる。彼女はなぜ投資で成功できたのだろうか? さまざまな視点から分析しよう。

【鈴木卓実 , ITmedia】()
元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:

ガンダムの世界の中では、月も大きな存在感を発揮する。連載「ガンダム経済学」第2回目は、月面都市「フォン・ブラウン」と、その地における最大企業、アナハイム・エレクトロニクスの経済活動に焦点を当てたい。

【鈴木卓実 , ITmedia】()
【新連載】元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:

来年にアニメ放送40周年を迎え、今なお人気が衰えない「機動戦士ガンダム」。こうしたSFの世界において政治の駆け引きが描かれることはよくあるが、その世界の経済に関する視点はあまり例を見ない。新連載「ガンダムの経済学」では、日銀出身のエコノミストがさまざまな側面からガンダムの世界の経済を大胆に分析する。

【鈴木卓実 , ITmedia】()

注目のテーマ