「次の駅まで」に読めるハナシ

「「次の駅まで」に読めるハナシ」の連載記事一覧です。

「次の駅まで」に読めるハナシ:

しゃぶしゃぶ食べ放題の専門店「しゃぶ葉」がちょっと面白いことに取り組んでいる。熱いファンを集めて、新商品を開発したところ、想定以上の数字をたたき出したのだ。舞台裏を取材したところ……。

[土肥義則, ITmedia] ()
「次の駅まで」に読めるハナシ:

2024年2月、森永製菓のハイチュウがロゴを変更した。カタカナから英語表記「HI-CHEW」になったわけだが、売り上げに変化はあったのだろうか。“その後”を取材したところ……。

[土肥義則, ITmedia] ()
「次の駅まで」に読めるハナシ:

小田急電鉄グループの傘下で路線バスを運行する東海自動車が宿泊施設をオープンした。バス会社がなぜ畑違いの事業を始めたのか。取材したところ……。

[土肥義則, ITmedia] ()
「次の駅まで」に読めるハナシ:

JR山手線では、特徴的な発車メロディーを使用している駅がある。なぜそのような楽曲を採用しているのだろうか。

[小林拓矢, ITmedia] ()
「次の駅まで」に読めるハナシ:

東海道新幹線で使っていた「ワゴン」と「テレカ自販機」を販売して、ちょっと話題になっていた。不要になったモノを販売していたわけだが、どのような反響があったのか。担当者に話を聞いた。

[土肥義則, ITmedia] ()
「次の駅まで」に読めるハナシ:

岩谷産業が高級カセットコンロを発売した。商品名は「イワタニカセットフー “極”」で、価格は8万2500円。ちょっと信じられない価格だが、どのような特徴があるのかというと……。

[土肥義則, ITmedia] ()
「次の駅まで」に読めるハナシ:

ビジネスバッグなどを扱っているエースがちょっとユニークなバッグを発売した。商品名は「バフェクト」。どのような特徴があるのかというと……。

[土肥義則, ITmedia] ()
「次の駅まで」に読めるハナシ:

子どもの頃に憧れた「お菓子の城」を形にできる商品がある。明治が1月16日に発売した「明治 子どものころ夢に見た、お菓子でつくる大きな大きなお城キット」だ。商品化の経緯を、同社グローバルカカオ事業本部カカオマーケティング部の杉山詩織さんに聞いた。

[菊地央里子, ITmedia] ()
「次の駅まで」に読めるハナシ:

円周率のハンコがSNSで話題になっている。1円玉よりも小さい直径12ミリの印章の中に、160ケタの数字が並んでいるのだ。肉眼で数字が見えないほどのハンコは、どうやってつくったのか……。

[土肥義則, ITmedia] ()
「次の駅まで」に読めるハナシ:

日本の伝統的な暖房器具である「こたつ」。最近では、従来通り机にセットして使うだけでなく、「着る」タイプも登場するなど進化を遂げている。こうした中、ゲーミング家具ブランド「Bauhutte(バウヒュッテ)」を手掛けるビーズ社の「ゲーミング着るこたつ布団」が集めている。開発秘話を同社に聞いた。

[菊地央里子, ITmedia] ()
「次の駅まで」に読めるハナシ:

ニッセンの「ポケットがたくさん付いたコート」が話題になっている。10月に発売したところ、12月中旬には完売。商品にどのような特徴があるのか……。

[土肥義則, ITmedia] ()
「次の駅まで」に読めるハナシ:

ブルドックソースの容器が変更したことをご存じだろうか。四角い形状から丸くなったことで、消費者から「見つけられない」といった声が出ている。そもそも、なぜソースの容器は四角かったのか。取材したところ……。

[土肥義則, ITmedia] ()
「次の駅まで」に読めるハナシ:

ワークマンの「冷暖房ベスト」が人気である。今年の5月に発売したところ、3カ月ほどで完売。寒くなってきたので、再び売れているのかなと思っていたら……。

[土肥義則, ITmedia] ()