「総務」から会社を変える

働き方改革や新型コロナに伴うテレワークの導入など、企業を取り巻く環境は変化が絶えない。こうした変化の中心に立つのが「総務」だといっても過言ではないだろう。生産性を高めるためのオフィス作り、非効率的なワークフローの改善、従業員の健康管理……。こうした、新たな時代を生き抜くために企業が抱える課題にかかわり、旗振り役を務めているのが総務なのだ。しかしながら、まだまだ総務業務のデジタル化は進んでいないのが現状だ。本コラムでは、総務部門向け専門誌である『月刊総務』編集長の豊田健一氏が、「総務とDXの今」を中心に、総務から会社を変えていくために担当者が知っておくべきことや考えるべきことを解説していく。

「総務」から会社を変える:

皆さんのオフィスに、観葉植物はあるだろうか。何気なく置かれているかもしれないが、そこには深い理由が存在する。本コラムでは、観葉植物を置くことで期待される効果や、「公園のようなオフィス」を構築すべき理由について解説する。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

AI時代の総務は、どのような役割を担っていけばよいのだろうか。また、総務がより活躍していくには、どのようなスキルを身に付けるべきなのだろうか。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

DXで目指すべきは、データマネジメントを通じた「データ駆動経営」だ。DXと密接に関連する「データマネジメント」を、総務はどう進めるべきか。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

戦略総務を目指すのであれば、常に業務の時間短縮・疲労軽減・経費低減、そして常に提供価値の向上を目指したいものだ。業務改善の進め方には鉄則がある。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

2023年は人的資本元年と言われるほど、人的資本経営への注目度が高まった。人的資本開示の対応は人事部門が行うことが多く、人的資本全般を「人事マター」と認識されがちだが、実は総務にもやるべきことがある。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

いよいよ12月、社用車利用時の機器を使ったアルコールチェックの義務化が始まる。すでに目視での確認は施行されているが、さらに厳密なチェックが求められる。新たな安全運転管理業務が追加され、安全運転管理者である総務の担当者は戦々恐々としているかもしれない。義務化の概要と、見落とせない3つのポイントについて解説する。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

コロナ禍による自粛ムードも落ち着き、会社員の出社率が高まっている。リモートワークを取りやめ、原則出社に舵を切った企業も散見される。確かにハイブリッドワークは複雑な働き方で、コミュニケーション不足や業務の不透明化などの課題を生みやすい。しかし、このままコロナ前の世界に戻ってもいいのだろうか……?

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

社内コミュニケーションを活性化する施策はいろいろとある。しかし、それぞれの施策をやみくもに実施しても効果は限られる。では、どうしたらいいか。組織を活性化させる3つのコミュニケーション策と、その生かし方について、月刊総務の豊田氏が解説する。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

週休3日制を取り入れる企業が出始め、新しい働き方の一つとして注目されている。しかし、本当にこのまま広まっていくのだろうか。調査データや、リモートワークや男性育休の広まり方を参考に、月刊総務の豊田氏が週休3日制を考察する。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

なんでも屋、雑用係、裏方──社内でポジティブな見方をされることが少ない総務。働き方改革や働く場の多様化に伴い、総務の重要性は上がってきているのに、なぜ、評価されないのか。「月刊総務」の豊田氏が指摘する、多くの総務に欠けている「3つの視点」とは?

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

経営資源の「ヒト、モノ、カネ、情報」のうち、最も伸びしろがあるのが、ヒト資産だ。社会変化と人出不足の中、ヒトにおカネを投じよう、投資しよう、という流れができあがった。しかし、ヒトだけ磨けばそれで良いのだろうか? 「月刊総務」の豊田氏は、人的資本経営を進めるにあたり、総務部門が重要になると唱える。その理由はというと……。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

DXで大事なのは「デジタル化」ではない。DXの本質とは? 総務ができる「4つの変革」とは何か? 『月刊総務』の豊田健一氏が解説する。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

新型コロナウイルスの5類化を控え、あらためてオフィスかテレワークかの二極化が進んでいる。これから総務は社員が働く場所をどのように設計すべきか。「月刊総務」の豊田氏はいま、「シン・万能型オフィス」が求められていると唱える。それは何かというと……。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

働き方の変化により「攻め」の戦略総務への転換が叫ばれてきた。しかしいま、「攻め」から一転して、「守り」の戦略総務が必要な時代に変化してきているのではないかと、『月刊総務』の豊田氏は考察する。その理由はというと……

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

総務の仕事は改善がつきもの。しかし、良かれと思った「最適化」が呪縛になってしまうことも……。こうしたワナに陥らないために、総務が意識すべきポイントは何か。不安定な時代における戦略総務のあるべき姿を『月刊総務』の豊田健一氏が解説する。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

従業員と経営者。どちらも、総務の仕事をする上で大切な対象となります。しかし、それだけで良いのでしょうか? 「3つ目の視点」を獲得し、バランスを取っていく必要があります。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

BCPの常識は、コロナ禍で大きく変わりました。これに伴い、防災計画も大きく変化せざるを得ません。テレワーク下の大地震でも会社を生き残らせる「BCPの3つの新常識」とは?

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

DXという言葉をいたるところで耳にするが、どうも矮小化されているきらいがあるように思います。DXに取り組んでいるつもりが、実は理解が浅く「偽DX」してしまっていた──そうならないために、必要なことを解説します。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

最近良く聞く言葉「ウェルビーイング(Well-Being)」。精神的、身体的、そして社会的に心身ともに健全な状態を指しますが、コロナ禍でこの状態が損なわれる人も出てきているようです。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

コロナ禍、ウクライナ侵攻、それによる資源高やインフレ危機──こんな状況下で総務に必要なのは、“攻め”よりもむしろ“守り”の姿勢かもしれません。VUCAの時代にこそ、総務は“ぶらぶら”すべきと筆者は説きます。その理由とは?

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

多くの社員は、変化を好みません。それでも、総務は会社に変化をもたらさなければなりません。どのように取り組めば社内を変えられるのか、総務が知るべきチェンジマネジメントの考え方をお伝えします。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

テクノロジーが進化し、またBPO(専門業者への外部委託)が進められる中で、総務含む管理部門に求められる仕事は変化しています。総務の仕事は、どのように変わっていくのでしょうか。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

「左遷」させられる──残念ながら、これが一般的な総務のイメージなのかもしれません。しかし、「誰にでもできる」と思われがちな総務の仕事は今後、DXの推進により、どんどん「専門職」へと変化していきそうです。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

総務領域の第一人者・豊田健一氏の連載。今回は、長引くコロナ禍で多くの企業がなかなか解決策を見つけられていない「コミュニケーション問題」について、総務の視点から解説する。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

総務領域に詳しい豊田健一氏の連載。今回は、働き方の変化に伴う、総務の管理手法の変化を扱う。これまでの集中管理から分散管理へ移行するに伴い求められるのが自走組織への変化だが、その中で総務が意識すべきたった一つのポイントとは。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

総務領域に詳しい豊田健一氏の連載。今回は、「社員が行きたくなるオフィス」の条件を探っていく。オフィス変革の主役である総務にとって、考えるべき視点はどういったポイントなのか。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

いまだ最適解が見えない、コロナ禍で再定義を余儀なくされた社内コミュニケーションの在り方。筆者は、これまで分断されていた施策を統合し、「三位一体」の社内コミュニケーション施策を考えながら、新たに登場している技術も採用すべきだと指摘する。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

耳にすることも増えた「リスキリング」。キャリアアップのため、転職のため、そして終生働き続けるために求められる、このリスキリングだが、こと総務においてはどのように考えるべきなのだろうか。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

DXというと最前線のITシステムの導入や利活用をイメージしがちだが、こと総務領域においてはそうではない、と指摘するのが月刊総務編集長の豊田健一氏だ。では今、総務は何をするべきなのか。「総務の三大課題」とともに解説していく。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

総務の課題である「属人化」。この属人化には悪いものもあればよいものもあると解説するのが、月刊総務編集長の豊田健一氏だ。どういうことか。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

昨今話題の「健康経営」だが、コロナ禍で社員の健康に危機が迫っている。果たして、総務としてどうすればいいのか。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

総務DXに必要な視点が「最高の顧客体験を提供すること」だ。では、総務にとっての顧客とは誰なのか。そして、どのような顧客体験を提供することが求められるのか。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

DXの機運が高まり、総務の現場でもテクノロジー・ツールの活用が進む。もちろん、これまでにない効率化が進むのはよいことだが、その裏には危険な誤りもあると筆者は指摘する。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

注目を集めるワーケーションだが、総務がやるべきことは盛りだくさんだ。何から手を付ければよいのか、状況を整理する。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

コロナ禍により、従来型の福利厚生の見直しが始まっている。総務としてはどう対応すべきなのだろうか。『月刊総務』編集長の豊田氏は、3つのポイントを押さえるべきだと主張する。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

縁の下の力持ちとして語られがちな総務部署だが、デジタルツールの活用であらゆるものの「可視化」がしやすくなったことで状況が変わってきている。これからの総務はデータアナリストとして活躍すべきだと筆者は指摘する。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

二度の緊急事態宣言を経ても収まらないコロナ禍。ニューノーマルだったテレワークが常態化し、オフィス縮小を取り沙汰する企業も出てきている。しかし、著者は安易なオフィス縮小にはリスクがあると指摘する。では、これからのオフィスはどうするべきなのか。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

2回目の緊急事態宣言がなかなか終わらない状況だが、1回目と比較して、「総務のテレワーク事情」はどう変化したのか。総務に詳しい豊田健一氏は、「何かあったら困るから」という、総務の便利屋扱いがテレワークの壁になっていると指摘する。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

『月刊総務』編集長の豊田健一氏による、総務とDXを巡る連載。コロナ禍により従来式の研修がオンライン化しつつある今、総務の現場からはどのような声が挙がってきているのだろうか。調査のデータを基に解説していく

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

『月刊総務』編集長の豊田健一氏による、総務とDXを巡る連載。リモートワークの浸透でコミュニケーションが減ったことはよく課題に挙がる。では、コミュニケーションが減ると、実際にどんなデメリットが生まれるのか? 調査を基に解説していく

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

『月刊総務』編集長の豊田健一氏による、総務とDXを巡る連載。2020年最終回となる今回は、総務の視点から今年1年のニュースや変化を振り返る。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

『月刊総務』編集長の豊田健一氏による、総務とDXを巡る連載。「オフライン」へと回帰する企業も多い中、もっとオンラインを使いこなす姿勢こそが総務に求められると豊田氏は指摘する。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

『月刊総務』編集長の豊田健一氏による、総務とDXを巡る連載。コロナ禍で注目度が高まるBCPだが、調査で見えた現状と課題とは?

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

『月刊総務』編集長の豊田健一氏による、総務とDXを巡る連載。コロナ禍の中、いかに従業員の「健康」を維持・増進し、「幸福」へとつなげられるかが総務主導で生産性を高めるカギだと豊田氏は指摘する。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

『月刊総務』編集長の豊田健一氏による、総務とDXを巡る連載。第2波が到来した新型コロナから、総務はどう会社を守るべきか。出社させるのか、在宅にするのか。出張や通勤など、移動の制限を設けるのか、プライベートでの感染症対策をする場合には、どこまで踏み込むべきなのか。勘所を豊田氏が解説する。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

『月刊総務』編集長の豊田健一氏による、総務とDXを巡る連載。総務のテレワークに関する調査で明らかになった衝撃の数字を基に、総務のフルリモートを実現するための急所はどこにあるのかを解説する。

[豊田健一, ITmedia] ()
「総務」から会社を変える:

『月刊総務』編集長の豊田健一氏による、総務とDXを巡る連載。いま、急激なテレワーク導入により、一部で「オフィス不要論」が出始めている。中にはコストなどの面から、オフィスを廃止しフルリモートに移行する企業も出てきた。総務業務との結び付きが強いオフィスを巡るテーマを、豊田氏はどう考えているのか?

[豊田健一, ITmedia] ()
新連載・「総務」から会社を変える:

新型コロナで大きく変わった企業環境。テレワークの導入やオフィス構築、従業員管理など、企業にはさまざまな課題が新たに課されている。こうした課題を解決するための最前線に立つのが「総務」だ。いま、総務担当者が考えるべきこととはどういったことなのか? 『月刊総務』の編集長である豊田健一氏の新連載。

[豊田健一, ITmedia] ()