グッドパッチとUXの話をしようか

「あの商品はどうして人気?」「あのブームはなぜ起きた?」その裏側にはユーザーの心を掴む仕掛けがある──。この連載では、アプリやサービスのユーザー体験(UX)を考える専門家、グッドパッチのUXデザイナーが今話題のサービスやプロダクトをUXの視点で解説。マーケティングにも生きる、UXの心得をお届けします。

グッドパッチとUXの話をしようか:

昨今の「高級おにぎり」ブームは必然なのか? 新しい商品・サービスが市場に浸透する流れを示した「イノベーター理論」に当てはめて考えてみる。

[高階有人(グッドパッチ), ITmedia] ()
グッドパッチとUXの話をしようか:

2月22日はネコの日です。今回は愛猫家たちを虜(とりこ)にするサービスとそれらのユーザー体験を分析していきます。

[秋野比彩美(グッドパッチ), ITmedia] ()
グッドパッチとUXの話をしようか:

今年の抱負の常連でもある、語学学習ですが、三日坊主になってしまう人も多いのではないでしょうか。語学学習アプリ「Duolingo」はサービス内で、離脱ユーザーを引き戻す画期的な仕組みを整えています。どんな体験が待っているのかというと……

[高階有人(グッドパッチ), ITmedia] ()
グッドパッチとUXの話をしようか:

1月26日、劇場版『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』が公開されました。ガンダムはシリーズも多く、ストーリーも複雑で初心者に不向きなように思う。にもかかわらず、なぜ新規ファンが増え続けるのかというと……

[秋野比彩美(グッドパッチ), ITmedia] ()
グッドパッチとUXの話をしようか:

新商品の発売前などに「ユーザー調査」を実施する企業もあるかと思います。その中で「使いたいと思いますか?」という設問への回答は信頼すべきではないようです。なぜかというと……

[秋野比彩美(グッドパッチ), 神谷壮真(グッドパッチ), ITmedia] ()
グッドパッチとUXの話をしようか:

なぜ、人は飲み会後にカラオケに行きたくなるのでしょうか? そして、なぜカラオケはこんなにも人々を魅了するのでしょうか? 人間が持つ「7つの欲求」から分析していきましょう。

[秋野比彩美(グッドパッチ), ITmedia] ()
グッドパッチとUXの話をしようか:

発売から約25年経つ「たまごっち」が子供だけでなく、大人からの支持を集めています。その理由を「ユーザーが行動を起こすために必要な3条件」からひも解いていきます。

[江原美佳(グッドパッチ), ITmedia] ()
グッドパッチとUXの話をしようか:

毎年11月の第3木曜日には「ボジョレー・ヌーボ」の解禁日としてニュースなどで報道されます。なぜ、毎年話題になるのでしょうか? その秘密から「新商品ヒット」を生み出す方法を考えてみました。

[秋野比彩美(グッドパッチ), ITmedia] ()
グッドパッチとUXの話をしようか:

10月16日、ウォルトディズニーカンパニーは創立100周年を迎えた。ミッキーマウスの人気に伴い、その地位を確固たるものにしてきた同社だが、最近手掛けるアニメ映画のテイストに変化が見られる。一見子ども向けに見えるアニメにハマる大人が増えてきたのだ。どのようなメッセージが隠されているのかというと……

[秋野比彩美(グッドパッチ), ITmedia] ()
グッドパッチとUXの話をしようか:

パンのサブスク「パンスク」が人気だ。毎月8個程度のパンが入って、3990円(送料込み)と決して安くはない。パンはスーパーマーケットやコンビニ、近くのパン屋、どこでも買えるがなぜ今、パンのサブスクが人気なのだろうか? UXデザイナーの筆者が解説します。

[高階有人(グッドパッチ), ITmedia] ()
グッドパッチとUXの話をしようか:

インターネット広告業界で生成AIが重宝されている。大量のパターンの画像や文言を瞬時にアウトプットできるからだ。「生成AIがあれば怖いものなし」にも思えるが、そんな生成AIにもまだ「作れない」広告はある。そこで足りないのは「UXデザイン」の視点だ。

[秋野比彩美(グッドパッチ), ITmedia] ()
グッドパッチとUXの話をしようか:

「恋愛リアリティーショー」ブームが起きています。先駆けは1999年に放送開始した「あいのり」でした。そこから現在に至るまでさまざまな恋愛リアリティーショーが生まれています。ここまでのブームを引き起こした裏には何があるのでしょうか?

[高階有人(グッドパッチ), ITmedia] ()
グッドパッチとUXの話をしようか:

夏の学生の風物詩といえば、その一つに「宿題」があるだろう。子どものやる気を引き出し、前向きに宿題に向かわせる、IoT文具「しゅくだいやる気ペン」が人気だ。ハマる親子続出のユーザー体験に迫る。

[梅下大輔(グッドパッチ), ITmedia] ()
グッドパッチとUXの話をしようか:

7月22日に7周年を迎えた「Pokemon GO」は、いまだに500万人ものユーザーを抱えている。そこにはファンが離れない秘密と、ユーザーが出戻りたくなる仕掛けがあった。Pokemon GOのユーザー体験を解説する。

[秋野比彩美(グッドパッチ), ITmedia] ()
グッドパッチとUXの話をしようか:

コロナ禍に「旅行の代わり」として需要を取り込んだホテルのサブスク。旅行が解禁になった現在もその人気は衰えず、今後も成長が期待できる。人気の理由をUX観点から解説。

[高階有人(グッドパッチ), ITmedia] ()
グッドパッチとUXの話をしようか:

ここ15年以上「前年割れ」を記録しているビール市場で、サントリーの新ビール「ビアボール」が、若者の人気を集めている。どのようにこの熱狂が作られたのかというと……

[秋野比彩美(グッドパッチ), ITmedia] ()
グッドパッチとUXの話をしようか:

サブスクサービスで音楽を聴くことが増えてきましたが、意外なことにここ10年で「アナログレコード」の市場は10倍に成長しています。なぜアナログレコードが人気なのでしょうか、その秘密をUXの観点から考えてみました。

[高階有人(グッドパッチ), ITmedia] ()
グッドパッチとUXの話をしようか:

5月12日に発売された「ゼルダの伝説」の最新作が、発売たった3日で世界販売本数1000万本を突破した。30年以上も愛されるゲームの魅力とはなにか? なぜ人は「ゼルダの伝説」にハマるのか? ユーザー体験(UX)の観点からひも解いていく。

[秋野比彩美(グッドパッチ), ITmedia] ()
グッドパッチとUXの話をしようか:

今、AIに関する最もホットな話題である「ChatGPT」は2カ月で1億人が利用したモンスターサービスだ。なぜここまで流行ったのか、UXの観点で考えるとおもしろいことが分かってきた。

[秋野比彩美(グッドパッチ), 高階有人(グッドパッチ), ITmedia] ()