ニュース
» 2007年11月13日 18時10分 公開

3針+αでデュアルタイム表示――シチズン「アテッサ ネオ アクティブ GMT」+D Style News

時針、分針、秒針のほかにアナログの“24時間針”を文字盤センターに配置した「アテッサ ネオ アクティブ GMT」が登場。

[ITmedia]

 シチズン時計は11月13日、ウォッチブランド「アテッサ」のスポーティシリーズ“ネオ アクティブ”から、エコ・ドライブ電波時計「ネオ アクティブ GMT」を発表した。11月23日より販売を開始し、価格は6万8250〜7万5600円。

photophoto ベゼルに24時間針用のインデックスを備えた「ATD53-28」シリーズ。文字盤がブラックの「ATD53-2861」は7万5600円(左)、ホワイトの「ATD53-2862」は7万1400円(右)
photophotophoto プレーンなベゼルの「ATD53-29」シリーズ。文字盤がシルバーの「ATD53-2901」(左)、ブルーの「ATD53-2902」(中央)、ブラックの「ATD53-2903」(右)、いずれも価格は6万8250円

 時針、分針、秒針のほかに、アナログ表示の24時間針を文字盤センターに配置する。3針とは別に単独で時刻設定ができるため、2つのタイムゾーンを同時に表示することが可能。「グローバルに活躍するビジネスマンや海外旅行に便利なモデル」だという。24時間針用のインデックスを、「ATD53-28」シリーズはベゼルに、「ATD53-29」シリーズは文字盤の外側に刻印した。

 そのほか、ATD53-2861/ATD53-2903のブラックベゼルには、同社独自の表面硬化技術「デュラテクトDLC」を採用。またATD53-2903は、パンチング加工を施したカーフ革をバンドに使用し、カジュアルでスポーティーな印象に仕上げている。

関連キーワード

デザイン | 腕時計


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -