ITmedia NEWS >
レビュー
» 2011年02月21日 11時30分 公開

GPS付きの日常系デジカメ サイバーショット「DSC-TX100V」 (4/4)

[荻窪圭,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       
photo プレミアムおまかせモードで風景と認識された。ISO125で1/1000秒F4.5。ディテールにやや不自然さはあるが、このサイズで1600万画素超なのだから等倍で見るとアラが出るのは仕方ないところ
photo 中望遠にして猫に寄ってみた。シームレスマクロなのでいちいちマクロモードにしなくてもいいのはうれしい。陰影差が強い構図だが露出のバランスはよし。1/160秒 F4 ISO125
photo ワイド端で梅の花。けっこうぐぐっと寄れる 1/640秒 F4.5 ISO125
photo 室内。中望遠で料理を。ISO800でも十分使えるのはさすが裏面照射型といったところか 1/30秒 F4.5 ISO800
photo 中望遠でマクロ撮影。人形の顔を赤ちゃんと認識した。だからなめらかでいい感じに撮れている 1/15秒 F4 ISO800
photophoto HDRを使ってみた。左がHDRオフ、右がHDRオン。ハイライト部の描写に大きな違いが見える。シャドウ部を持ち上げることよりハイライト部を抑える方に力を入れた感じ。構図を見て判断しているのかもしれない。どちらもISO125で1/200秒F3.5と露出は同じだ
photophoto こちらも左がHDRオフ、右がHDRオン。同様に白い猫の毛の白飛びが抑えられてしっかり描写されている
photophoto 左はおまかせオート、右はプレミアムおまかせオートの手持ち夜景。等倍で見ると、ノイズはあるがディテールがくっきりしているのはおまかせオートによる通常の夜景モード、ノイズがなくてなめらかなのがプレミアムおまかせオートの手持ち夜景だ
photo 人物ブレ補正モードで撮影。手持ち夜景に比べてISO感度が高くまで上がるので、手持ちで気軽に撮りたいときはこちらを選択するという手もある。ISO3200とは思えない仕上がりにしてくれる。 1/30秒 F3.5 ISO3200
photo 観覧車と月をワイド端で撮ってみた。もちろん手持ちで 1/10秒 F3.5 ISO800
photo スイングパノラマのHRモードで昭和な団地を撮影。高解像度だがカメラを縦位置に構えて回さねばならない分、ちょっと難易度は上がる
photophoto
photophoto 最後にISO感度別を。左上からISO800/1600/3200/3200+人物ブレ軽減モード。高感度時のノイズの少なさはかなり優秀。特に連写+合成をかけるとISO3200とは思えない絵になる。多少ディテールが甘くなるといっても、もとが1600万画素もあるのだからOkということで

iconicon
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.