ニュース
» 2004年10月18日 21時55分 公開

sbの正式版1.10Rが公開

Blog投稿を支援するツール「sb」の正式版、1.10Rが公開された。

[ITmedia]

 Blogツール「sb」は、これまでの開発版のアップデート終え、17日に正式版1.10Rが公開された。

 8月31に公開の正式版1.00Rからは、カテゴリー機能の強化、携帯電話からの閲覧・コメント投稿に対応、コメントスパム対策機能、メール通知機能、管理画面のリスト関連のインタフェース刷新、XML-RPC API対応、テンプレートインポート機能などが変更されている。

 これ以外の仕様変更(機能追加など)に関しては、既報の「Blogツールsb、ケータイ対応の1.02Dを公開」「Blogツールsbがバージョンアップ続き、再構築オプションなどを追加」、以降の開発版に関しては関連リンクのリリース通知を参照のこと。


 1.00Rから1.10Rにバージョンアップするには、data/ディレクトリ内のデータをバックアップしてから、lib/ディレクトリの中身とdoc/ディレクトリの中身をすべて入れ換えてadmin.cgiにアクセス、さらに画面最下部のバージョンが「1.10R」になっていることを確認できればOKだ。

 なお、lib/とdoc/の入れ替えでは、FTPソフトによっては上書きするかどうか問われるため、「すべて上書き」にすればよい。また、1.10Rでは「mb.cgi」が追加された。これは携帯電話からの閲覧専用のスクリプトなので、必要な場合は「sb.cgi」と同じディレクトリに、「mb.cgi」をアップロードしてsb.cgiと同じパーミッションを設定する。

 さらに、テンプレートインポート用には「template/」という空のディレクトリが追加される。必要な場合にはindex.html、style.cssが置かれているディレクトリ内に「template/」ディレクトリを作成し、「log/」ディレクトリと同様のパーミッションを設定する。以上の手順で、1.00Rから1.10Rへのアップグレードが完了する。

 1.10Dからのバグフィクスとしては、XML-RPC APIを利用して画像アップロードができないバグ、「全てを再構築」で全記事が再構築されないバグの修正などが行われている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -