ニュース
» 2005年01月06日 20時56分 公開

Liberty Allianceの新プレジデント、「規格の収束」を視野に

Liberty Alliance Projectのマネジメント・ボードの新プレジデントに、Intelのジョージ・グッドマン氏が就任した。

[ITmedia]

 Liberty Alliance Projectは1月6日、マネジメント・ボードの新プレジデントとしてIntelのジョージ・グッドマン氏が就任したことを明らかにした。

 Liberty Alliance Projectは、さまざまなWebサイトやサービスにまたがったアイデンティティの管理と連携サービスの実現に向け、標準策定やガイドライン作成などに当たっている業界団体。AOLやIBM、Sun Microsystemsをはじめ150以上の企業や団体が参加している。

 同アライアンスではこれまでに「Liberty Identity Federation Framework(ID-FF)」や「Liberty Identity Web Services Framework(ID-WSF)」といった仕様を策定してきた。新プレジデントに就任したグッドマン氏はこれらの動きを踏まえ、2005年はSAMLをはじめとする既存の他の規格のサポートや協力について検討し、規格の収束に向けて取り組む方針を明らかにしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ