ニュース
» 2005年02月10日 01時01分 公開

「2005年はミッドレンジからローエンドまで64ビットに移行する」とインテル

インテルは今年、XeonとPentium 4すべてのラインアップの64ビット化を達成する。

[佐々木千之,ITmedia]

 インテルは2月9日、企業向けの64ビット製品戦略説明会を開催した。これまで64ビット未対応だったXeon MPとデスクトップPC向けPentium 4に順次64ビット対応製品を投入し、既存製品と合わせてミッドレンジ以下すべて64ビット対応になると説明した。

 インテルは2004年夏にXeon(シングル/デュアルプロセッサシステム向け)とPentium 4に64ビット版を投入した。64ビット版Xeonは6カ月で100万個出荷を達成し、さらに2月末までの3カ月でもう100万個の出荷を見込むなど、64ビット非対応Xeon“Prestonia(コードネーム)”から64ビット対応Xeon“Nocona(コードネーム)”へ急速に移行しているという。1〜3月期に出荷予定のXeonのうち、64ビット対応版は80%を占めるとしている。

 昨年夏に出荷開始した64ビット版Pentium 4は、ワークステーションやローエンドサーバ向けのものだったが、2月中にはついにデスクトップPC向けPentium 4に新製品「Pentium 4 プロセッサ 6xx(xxは2桁の数字)」を発表する。この新Pentium 4 6xxは、64ビット対応だけでなく、Pentium 4 5xxの2倍の2Mバイト2次キャッシュ、省電力機能「拡張版Intel SpeedStepテクノロジ」、ウイルス対策機能「エグゼキュート・ディスエイブル・ビット」など、豊富な機能を搭載していることを明らかにした。

2005年の企業向けデスクトッププラットフォーム インテル2005年の企業向けデスクトッププラットフォーム

 Xeonについても64ビット版Pentium 4と同様、2Mバイト2次キャッシュを搭載したほか「デマンド・ベース・スイッチング」によって省電力化を図った新Xeonを2月中に投入する。インテルは詳細なベンチマーク結果は明らかにしなかったが、2Mバイト2次キャッシュの効果は大きく、従来版Xeon/3.6GHzよりも低いクロックでも、高い性能が出ていると説明した。

 さらにこれまで時期を明言していなかったマルチプロセッサシステム向けXeon MPの64ビット対応については、「90日以内に出荷する」(プラットフォーム&ソリューションズマーケティング統括部長の平野氏)とした。64ビット版Xeon MPには、8Mバイトの3次キャッシュを搭載した“Potomac(コードネーム)”と、キャッシュ容量を減らした“Cranford(コードネーム)”の2種類があり、対応チップセット「インテル8500」“Twin Castle(コードネーム)”も合わせて用意する。これらの新Xeon MPは将来のデュアルコアXeonに向けたアーキテクチャを採用し、667MHzのシステムバスを2系統持ち、デマンド・ベース・スイッチングによる省電力機能やDDR2-400メモリ、PCI Expressをサポートするという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -