ニュース
» 2005年03月16日 15時30分 公開

あしあとのお香プラグイン実装、DI:DO

「DI:DO」は16日、サブタイトルエリアに表示できる「お香プラグイン」表示機能を実装した。簡易あしあと機能として利用できる。

[ITmedia]

 Blog機能を備え、特定の相手に読ませるプライベート日記サービス「DI:DO」は3月16日、日記のサブタイトルエリアに表示することができるバーチャルお香のFlashコンポーネント「お香プラグイン」表示機能を実装したと発表した。

 セットされたお香の「お香を交換する」ボタンを押すと、お香を焚くことができるというもの。いちど交換したお香は60分間燃え続け、消えると再び交換可能になる。

 お香を交換する際にボタンを押した人がDI:DO会員の場合はDI:DO ID、それ以外の場合は任意入力された名前が記録される。この記録はお香プラグインを設置したユーザーが見ることができるため、簡易あしあと機能として利用することも可能。

 ユーザーが自分の日記にお香をセットするには、まずスタンプカードのページでお香セットを購入し、「日記の設定」→「基本設定」でフリーエリアに<incense>と記述する。お香は所持しているお香セットの中からランダムで配置される。いちど購入したお香は何度でも利用可能。

 なお、スタンプカードとは、DI:DOで日記を更新すると蓄積されるポイントを確認することができるページ。トピックを1つ登録すると、1日に1ポイントまでポイントがたまる。逆に、トピックの削除でポイントが減る。溜まったポイントは、カスタムメイドのオリジナルデザインパーツと交換することが可能で、今回追加された「お香セット」はその1つとなる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ