ニュース
» 2005年04月05日 18時32分 公開

NECとSunがシステム構築事業などで提携拡大

NECと米Sun Microsystemsは、システムインテグレーション事業および技術開発に関して、グローバル市場における戦略提携を拡大させたと発表した。

[ITmedia]

 NECと米Sun Microsystemsは4月5日、システムインテグレーション事業および技術開発に関してグローバル市場における戦略提携を拡大させたと発表した。NECの金杉明信社長は会見で「情報システムのネットワークの統合という両社共通のビジョンが提携の背景にあった」と話し、Sunのスコット・マクニーリ会長兼CEOは「IT業界で最も話題にならなかった両社のパートナーシップだったが、これからは大々的に展開していきたい」と語った。

提携拡大で手を取り合う両社 左からサンの社長ダン・ミラー氏、米Sunの会長兼CEOのスコット・マクニーリ氏、NECの金杉明信社長、NECの川村敏郎副社長。マクニーリ氏は、「ゴルフウェアじゃない金杉さんをみるのは初めてだ」と開口一番冗談を飛ばして見せた。

 両社は1993年から提携関係にあり、2000年にはNECがSun製品をOEM販売するなど10年を超える親しい間柄。NECは累計で1万台のSunのサーバを出荷しており、提携による実績を着実に収めてきた。今回の提携拡大はその延長となるもの。具体的には、(1)システム構築事業の協業強化、(2)情報システム技術とネットワーク技術の統合ソリューションでの協業、(3)ミドルウェア製品の協業、(4)ソリューションセンターの強化――と関係をさらに強化する。

 NECは、マルチベンダー環境のサーバ統合で、従来から対応しているHP-UX、Windows、Linuxに、SunのSolarisに加えることで、システム構築の対応力強化し、競争力を高めることになる。これにあわせ、Sunは日本および米国本社でのサポート体制を強化していく。

 情報システムとネットワークの統合では、NECのIPテレフォニーシステム「UNIVERGE SV7000」とSunの新クライアント「Sun Ray」を組み合わせた情報漏えい対策ソリューションを共同開発。すでに、ぷららネットワークスのコンタクトセンターに導入する実績を持っており、日本での取り組みをリファレンスアーキテクチャとしてグローバルに展開していく計画だ。「次世代新クライアントシステムの技術検討でも協力する」と意欲的に取り組む姿勢を見せた。

 ミドルウェアでは、NECの「VALMOウェア」とSunの「Java Enterprise System」の連携強化を図る。NECでは、「Sun Java System Access Manager」「Sun Java System Identity Manager」と同社のPKI製品を連携させたアイデンティティ管理ソリューションの製品化も目指す。

 NECの川村副社長は「Sunはシステムインテグレーションをやらず、技術を売るというモデルをとっている。ぶつかるところがなくやりやすい」と、Sunとの提携のメリットを強調した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -