速報
» 2005年04月07日 08時25分 公開

IBMとNetApp、EMC対抗で提携

IBMとNetAppはNetApp製品をIBMブランドで販売する戦略提携を発表した。EMCの顧客奪取が狙い。

[ITmedia]

 米IBMとNetwork Appliance(NetApp)が4月6日戦略提携を発表、両社の間でOEM契約を結び、NetAppのNASおよびiSCSI/IP SANをベースとした製品をIBMブランドで販売する計画を明らかにした。「EMCに囲い込まれている顧客に命綱を提供する」と説明している。

 IBMブランドで販売するのは、NearStoreとNetApp V-Series Systemおよび関連ソフトウェアを含む、NetAppのNASとSCSI/IP SANソリューション全般。これにより、NetApp製品を扱っているほかのどのOEMリセラーよりも多くの国にリーチを拡大できるとしている。さらに、NetAppアプリケーションとIBM Tivoli Storage Managerの連携強化を図る。

 両社の提携についてIBMストレージシステム担当ジェネラルマネジャー、アンディ・モンシャウ氏は「情報管理とストレージにおいて顧客に選択肢を提供できるのは明らかだ。EMCがプロプライエタリな部分的ソリューションしか提供していないのに対し、IBMとNetAppのオープンソリューションはシステム全般に革新をもたらす」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -