ニュース
» 2005年05月17日 21時31分 公開

手本はクルマの開発:トヨタの成長を支えるITの革新 (1/3)

17日に開幕したIBM Software Worldでトヨタ自動車のITによる業務改革が紹介された。(IBM Software World 2005)

[谷川 耕一,ITmedia]

 トヨタは一昨年、30年あまり利用してきた自動車製造の屋台骨である、部品表システムを一新した。ビジネスのアプリケーションは変化しないが、それをシステム化するために必要なOSやミドルウェアは日々進化し変化する。このギャップをなくし、市場の変化に迅速に対応させるために、トヨタ自動車ではエンタープライズ・アーキテクチャ(EA)の発想を取り入れるという。

EA導入を図ったというトヨタ自動車のコーポレートIT部 主査 加藤雅章氏。

成長と効率の両立

 「トヨタ自動車の重要な課題は成長と効率の両立です。」と話すのは、トヨタ自動車の コーポレートIT部 主査 加藤雅章氏。まず最初に、2010年のグローバルビジョンとして、4つのイノベーションが示された。

 地球にフレンドリーな技術で地球再生のリーダーとなる。安心、安全、快適に暮らせる車とクルマ社会を創造するリーダーを目指す。自動車の魅力を世界中に広めトヨタファンを拡大する。真のグローバル企業として世界の人々や地域から敬愛される存在を目指すという4つだ。

 世界のトヨタだからこそ掲げられるこれらのビジョンを実現する具体的な企業活動が、革新的な生産技術の開発であり、グローバルなマネージメントと効率的な収益体質の維持だ。そのためには、当然、ITシステムにも新たな要求がでてくる。グローバル化もその1つ。

 ただし、世界各国で同じものを使えばいいというわけではない。グローバルで統一しなければいけないところはどこかをきちんと切り出す。部品表のシステムは、その1つだ。部品表は日本で1つ作り、それを世界で利用する。逆に、地域や国の事情に合わせて導入先でカスタマイズが必要なものは、適宜手を入れて展開する。

 共通化するものとカスタマイズするもの、技術者はこれらをきちんと見分けられる目を持つことが重要となる。変化に対応して成長の糧とすべきものと、共通化して効率を上げるもの。この両立がなければ、トヨタ自動車が目指す企業像は実現できない。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -