ニュース
» 2005年05月17日 23時51分 公開

goo RSSリーダー新バージョン、不具合報告相次ぐ

gooが提供する無料RSSリーダー「goo RSSリーダー」は16日、最新版(バージョン2)をリリースした。しかし、多くのユーザーから不具合報告が相次いでおり、公式な対応が待たれている。

[ITmedia]

 Blogサービス「gooブログ」のNTTレゾナントは、無料提供を行っているRSSリーダー「goo RSSリーダー」の新バージョンを5月16日に公開した。

 従来からのアップデートは、RSSリーダーを起動するだけで自動的に最新版にバージョンアップされる。画面の指示に従いアップデートすること。

 今回公開されたバージョン2では、起動時やRSSサイト大量登録時の動作速度を一部向上、キーワード設定で利用される検索条件の強化(除外後の指定など)、Internet ExplorerやFirefoxなどのブックマークの取り込みとそのフォルダ管理機能の追加、スキンデザインを2種類追加、記事要約文を一発で表示する機能の追加、RSSサイトを登録するとNewマークが表示されるお知らせ機能の追加、独自プロキシ設定など高度はネットワーク設定機能の追加が行われた。また、Atom 0.3への対応もなされている。

 しかし、今回のリリースに際しては、直後からスタッフブログへのコメント、トラックバックにおいて様々な不具合報告がなされており、それらによると今回の大幅バージョンアップするにあたり、新たなバグなどが発生しているようだ。逆に、問題なく利用できるという意見もあるが、それらはバグ報告に埋もれてしまっている現状。17日13時現在ではまだないが、公式な対応が待たれる(追記:19日6時に修正済みとNTTレゾナントから報じられている、関連リンク)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -