速報
» 2005年07月13日 08時25分 公開

Oracle、Visual Studio .NET向けの開発ツール公開

OracleはVisual Studio .NET 2003でDatabase 10gアプリケーションを開発・導入するためのツールを発表した。

[ITmedia]

 米Oracleは7月12日、開発者向けの無償プラグインツール「Oracle Developer Tools for Visual Studio .NET 2003」を公開した。MicrosoftのVisual Studio .NET 2003を使ってWindowsでDatabase 10gアプリケーションを開発・導入できる。

 これはOracleがWindows開発者コミュニティーのニーズに対応する姿勢を改めて示すものだと同社は説明。MicrosoftはOracleの発表資料に寄せた談話で「これは当社がOracleとの間で2004年5月に確立したVSIPパートナー関係の成果であり、今後も同社との統合推進に期待している」(.NET開発製品マーケティング部門マネジャー、ニック・アボット氏)と述べている。

 OracleはDatabase 10g Release 2でもWindows対応の新機能として「Oracle Database Extensions for the .NET Framework」を盛り込む。これにより、.NET Frameworkベースのストアドプロシージャを作成してOracleのデータベースに導入できるようになる。Windows対応の10g Release 2は90日以内にリリースの予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -