速報
» 2005年07月14日 08時05分 公開

Oracle、Webサービス管理簡素化のプラットフォーム発表

OracleはWebサービス管理エンジンとWebサービスセキュリティ管理ツールを統合した新プラットフォームを発表した。

[ITmedia]

 米Oracleは7月13日、サービス指向アーキテクチャ(SOA)とWebサービスのセキュリティ実装簡素化を図るビジネスプロセスプラットフォームを発表した。

 プラットフォームは「Oracle BPEL Process Manager」と「Oracle Web Services Manager」で構成。コストを抑えながらエンド・トゥ・エンドのWebサービスセキュリティと管理機能を容易に実装でき、セキュアなWebサービスを保証する一助となると説明している。

 この製品はOracle Fusion Middlewareの統合型コンポーネントとして提供される。これまで企業はWebサービス管理エンジンとWebサービスセキュリティ管理ツールを別々に購入する必要があったが、両方の製品を組み合わせることでWebサービスの開発、統合、調整、セキュアなアクセスの簡素化を図っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -